>   漢詩   >   歴代詩選:南北朝   >   勅勒歌(無名氏)

勅勒歌(無名氏)[北斉]

敕勒歌
ちょくろくうた
めい斛律こくりつきん[漢訳]     
  • 〔出典〕 『楽府詩集』巻八十六、『先秦漢魏晋南北朝詩』北斉詩巻三、『古詩源』巻十四 北斉詩、『古詩賞析』巻二十一 北斉詩、他
  • 雑言古詩。下・野(上声馬韻)/蒼・茫・羊(平声陽韻)。換韻。
  • ウィキソース「敕勒歌」参照。
  • 勅勒歌 … 北朝の民歌。もともとせん語であった作品を斛律こくりつきんが漢訳したもの。勅勒の地の雄大な自然をうたった牧歌。
  • 勅勒 … 南北朝時代、バイカル湖の南からアルタイ山脈一帯に住んでいたトルコ系種族の名。テュルク。丁零ていれい。また、その土地の名。ウィキペディア【丁零】参照。
  • 斛律金 … 488~567。北斉の武将。姓は斛律こくりつ、名はきんあざな六敦ろくとん。鮮卑族の出身。高歓こうかん(496~547)に仕えた。ウィキペディア【斛律金】参照。
敕勒川
ちょくろくかわ
  • 勅勒川 … 勅勒の人々が住んでいる辺りを流れる川。また、「川」を「平原」と解釈する説もある。
陰山下
陰山いんざんもと
  • 陰山 … 内モンゴル自治区にある山脈の名。陰山山脈。ウィキペディア【陰山山脈】参照。
  • 下 … ふもと。
天似穹廬
てんきゅう
  • 天 … 大空。
  • 穹廬 … 遊牧民の移動式住居。ドーム型のテントのような住居。パオ
籠蓋四野
四野しや籠蓋ろうがい
  • 四野 … 四方に広がる平野。
  • 籠蓋 … 覆いかぶさる。
天蒼蒼
てん蒼蒼そうそうたり
  • 天 … 空。
  • 蒼蒼 … 青々と澄みわたっているさま。
野茫茫
茫茫ぼうぼうたり
  • 野 … 平原。草原。
  • 茫茫 … 果てしなく広がっているさま。
風吹草低見牛羊
かぜくされてぎゅうようあらわ
  • 風吹草低 … 風が吹いて草がなびく。「低」は草がなびいて低くなること。
  • 牛羊 … 牛や羊の姿。
  • 見 … 現す。見えてくる。「現」と同じ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行