>   論語   >   子張第十九   >   23

子張第十九 23 叔孫武叔語大夫於朝章

494(19-23)
叔孫武叔。語大夫於朝曰。子貢賢於仲尼。子服景伯以告子貢。子貢曰。譬之宮牆。賜之牆也及肩。闚見室家之好。夫子之牆數仞。不得其門而入。不見宗廟之美。百官之富。得其門者或寡矣。夫子之云。不亦宜乎。
しゅくそんしゅくたいちょうかたりていわく、こうちゅうよりまされり。ふくけいはくもっこうぐ。こういわく、これ宮牆きゅうしょうたとうれば、しょうかたおよぶ。しっきをうかがる。ふうしょう数仞すうじんなり。もんらざれば、そうびょうひゃくかんとみず。もんものあるいはすくなし。ふうえること、うべならずや。
現代語訳
  • (魯の家老の)叔孫武叔が、ほかの家老と御殿で話した ――「子貢は孔さんよりえらいです」と。子服景伯が、それを子貢に知らせる。子貢 ――「それをヘイにたとえると、わたしのヘイは肩ぐらいだから、家のなかのいいところがのぞけます。先生のヘイはなん十尺だから、門をみつけてはいらなければ、お宮のみごとさも、役人の多いこともわかりません。門をみつける人は、いくらもないでしょう。叔孫さまがそういわれたのも、もっともではありませんか。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • しゅくそんしゅくが朝廷で諸大夫に向っていった。――
    こうちゅう以上の人物だと思います」
    ふくけいはくがそのことを子貢に話した。すると子貢はいった。――
    「とんでもないことです。これを宮殿の塀にたとえてみますと、私の塀は肩ぐらいの高さで、人はその上から建物や室内のよさがのぞけますが、先生の塀は何丈という高さですから、門をさがしあてて中にはいってみないと、たまの美しさや、文武百官の盛んなよそおいを見ることができないのです。しかし、考えてみると、その門をさがしあてるのが容易ではありませんので、大夫がそんなふうにいわれるのも、あるいは無理のないことかもしれません」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 叔孫武叔 … 魯の大夫。名は州仇。武叔はそのおくりな。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 大夫 … ここでは同僚の大夫たち。
  • 朝 … 朝廷。
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 仲尼 … 孔子のあざな
  • 子服景伯 … 魯の大夫。姓は子服、名は。景はおくりな。伯はあざな
  • 宮牆 … 垣根。塀。
  • 夫子之牆 … 先生の塀。「夫子」は孔子を指す。
  • 仞 … 七尺。
  • 夫子之云 … あの方がそう言われるのも。「夫子」は叔孫武叔を指す。
補説
  • 譬之宮牆 … 『義疏』では「譬諸宮牆」に作る。
  • 不得其門而入 … 『義疏』では「不得其門而入者」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十