>   論語   >   憲問第十四   >   38

憲問第十四 38 公伯寮愬子路於季孫章

370(14-38)
公伯寮愬子路於季孫。子服景伯以告曰。夫子固有惑志於公伯寮。吾力猶能肆諸市朝。子曰。道之將行也與。命也。道之將廢也與。命也。公伯寮其如命何。
こうはくりょう子路しろそんうったう。ふくけいはくもっげていわく、ふうもとよりこうはくりょうわくり。ちからこれちょうさらさん。いわく、みちまさおこなわれんとするやめいなり。みちまさすたれんとするやめいなり。こうはくりょうめい如何いかんせん。
現代語訳
  • 公伯寮が子路のことを(家老の)季孫にわるくいった。子服景伯がそのことを知らせていう、「主人はたしかに公伯寮にだまされかけています。わたしの一存でもあいつをさらしクビにできますが…。」先生 ――「正義がおこなわれるにしても、天命だ。正義が通らなくなるのも、天命だ。公伯寮などが天命をどうしようぞ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • こうはくりょうが子路のことを季孫にざん言した。ふくけいはくが先師にその話をして、いった。――
    「季孫はむろん公伯寮の言にまどわされていますので、心配でございます。しかし、私の力で、なんとかして子路の潔白を証明し、公伯寮の屍をさらしてお目にかけますから、ご安心下さい」
    すると先師はいわれた。――
    「道が行なわれるのも天命です。道がすたれるのも天命です。公伯寮ごときに天命が動かせるものでもありますまいから、あまりご心配なさらない方がよいと思います」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 公伯寮 … 孔子の弟子。魯の人。あざなしゅう
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 子服景伯 … 魯の大夫。姓は子服、名は。景はおくりな。伯はあざな
補説
  • 於公伯寮 … 『義疏』では「於公伯寮也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十