>   論語   >   陽貨第十七   >   25

陽貨第十七 25 子曰唯女子與小人爲難養也章

459(17-25)
子曰。唯女子與小人爲難養也。近之則不孫。遠之則怨。
いわく、じょしょうじんとは、やしながたしとす。これちかづくればすなわそんなり。これとおざくればすなわうらむ。
現代語訳
  • 先生 ――「どうも女たちとめしつかいは、あつかいにくいものじゃて。かわいがれば、つけあがる。ほっておけば、ブウブウいう。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「女子と小人だけには取り扱いに苦労をする。近づけるとのさばるし、遠ざけると怨むのだから」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 女子 … ここでは教養のない女性を指す。
  • 不孫 … 「不遜」に同じ。思いあがって傲慢になる。
補説
  • 孫 … 『義疏』では「遜」に作る。
  • 遠之則怨 … 『義疏』では「遠之則有怨」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十