>   論語   >   陽貨第十七   >   1

陽貨第十七 1 陽貨欲見孔子章

435(17-01)
陽貨欲見孔子。孔子不見。歸孔子豚。孔子時其亡也。而往拝之。遇諸塗。謂孔子曰。來。予與爾言。曰懷其寳而迷其邦。可謂仁乎。曰不可。好從事而亟失時。可謂知乎。曰不可。日月逝矣。歳不我與。孔子曰。諾。吾將仕矣。
ようこうんとほっす。こうまみえず。こういのこおくる。こうきをときとしてきてこれはいす。これみちう。こういていわく、きたれ、われなんじわん。たからいだきてくにまよわすは、じんうべきかと。いわく、不可ふかなりと。ことしたがうをこのみて亟〻しばしばときうしなうはうべきかと。いわく、不可ふかなりと。日月じつげつく。としわれともにせず。こういわく、だくわれまさつかえんとすと。
現代語訳
  • (権力家の)陽貨が孔先生に会いたがったが、孔先生は会おうとしない。孔先生に小ブタをとどけた。孔先生はかれの不在のときを見て、礼をのべにゆく。すると途中で出会った。孔先生にむかい ――「まあまあ、相談にのっておくれ。」といって ――「宝を持ちながら国民に戸まどいさせるのは、いい心がけといえるかね。」――「いえません。」――「政治をやりたがりながら、なんども時をのがすのは、チエがあるといえるかね。」――「いえません。」――「月日はすぎゆく。年は人を待たないんだ。」孔先生 ――「はあ、そのうち職につきます。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 魯の大夫ようが先師を引見しようとしたが、先師は応じられなかった。そこで陽貨は先師に豚肉の進物をした。先師は陽貨の留守を見はからってお礼に行かれた。ところが、運わるく、その帰り途で陽貨に出会われた。すると陽貨はいった。――
    「まあ、私のうちにおいでなさい。話があるから」
    先師が仕方なしについて行かれると、陽貨がいった。――
    「胸中に宝を抱きながら、国家の混迷を傍観している人を、果たして仁者といえましょうか」
    先師――
    「いえません」
    陽貨――
    「国事に挺身したい希望を持ちながら、しばしばその機会を失う人を、果たして知者といえましょうか」
    先師――
    「いえません」
    陽貨――
    つきは流れ、歳は人を待ってはくれないものですが……」
    先師――
    「よくわかりました。いずれそのうちには、私もご奉公することにいたしましょう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 陽貨 … 魯の大夫、よう。季氏に仕えていたが、反乱を起こして魯の実権を握ったが、その後敗れてせいしんに亡命した。ウィキペディア【陽虎】参照。
  • 帰 … ここでは「おくる」と読む。食物を贈る。「饋」に同じ。
  • 亡 … 不在。
  • 時 … 見計らって。伺って。
  • 塗 … 途中。
  • 遇 … 偶然会う。
  • 亟 … しばしば。
  • 失時 … 機会を逃す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十