>   論語   >   里仁第四   >   5

里仁第四 5 子曰富與貴章

071(04-05)
子曰。富與貴。是人之所欲也。不以其道得之。不處也。貧與賤。是人之所惡也。不以其道得之。不去也。君子去仁。惡乎成名。君子無終食之間違仁。造次必於是。巓沛必於是。
いわく、とみたっときとは、ひとほっするところなり。みちもってせざれば、これともらざるなり。ひんせんとは、ひとにくところなり。みちもってせざれば、これともらざるなり。くんじんりて、いずくにかさん。くん終食しゅうしょくかんじんたがうことく、造次ぞうじにもかならここおいてし、顚沛てんぱいにもかならここおいてす。
現代語訳
  • 先生 ――「カネと身分は、だれでもほしいものだが…。無理に手に入れたのは、ごめんこうむる。貧乏と下積みは、ありがたくないものだが…。身から出たのでなければ、逃げだしはせぬ。人の道を離れて、なにが人物だ。まことの人は食事のあいだも道を離れぬ。どんなに急いでも道、とっさの場あいも道だ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「人は誰しも富裕になりたいし、また尊貴にもなりたい。しかし、正道をふんでそれを得るのでなければ、そうした境遇を享受すべきではない。人は誰しも貧困にはなりたくないし、また卑賤にもなりたくはない。しかし、道を誤ってそうなったのでなければ、無理にそれをのがれようとあせる必要はない。君子が仁を忘れて、どうして君子の名に値しよう。君子は、はしのあげおろしの間にも仁にそむかないように心がけるべきだ。いや、それどころか、あわを食ったり、けつまずいたりする瞬間でも、心は仁にしがみついていなければならないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 富 … 財産の多いこと。
  • 貴 … 高い地位。
  • 人 … 一般の人。
  • 不以其道 … 富貴を得るための正しい方法によらないで。すなわち、不正な方法で。
  • 不以其道得之。不処也 … 朱子は「其の道を以てせずして之をれば処らざるなり」と訓読している。
  • 不~不 … 「~せざれば(せずんば)…せず」と読む。仮定形。「~しないならば…しない」と訳す。
  • 不処 … 富貴の地位に安住しない。
  • 貧 … 貧乏。
  • 賤 … いやしい身分。低い地位。
  • 不去 … 貧賤の境遇を避けようといない。
  • 悪 … 「いずくにか」と読む。場所を表す反語形。「どこに~あろうか(いやどこにもない)」と訳す。
  • 終食之間 … 食事をすますだけの時間。わずかの時間のこと。
  • 違仁 … 仁の徳から離れる。
  • 造次 … とっさのとき。
  • 於是 … 「是」は仁を指す。「於」は「おいてす」と動詞に読む。
  • 顚沛 … 危急のとき(つまずき倒れる意から)。なお、「造次顚沛」と四字熟語として用いられることが多い。「わずかの間」「とっさの場合」という意味。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十