>   論語   >   季氏第十六   >   2

季氏第十六 2 孔子曰天下有道章

422(16-02)
孔子曰。天下有道。則禮樂征伐。自天子出。天下無道。則禮樂征伐。自諸侯出。自諸侯出。蓋十丗希不失矣。自大夫出。五丗希不失矣。陪臣執國命。三丗希不失矣。天下有道。則政不在大夫。天下有道。則庶人不議。
こういわく、てんみちれば、すなわ礼楽れいがく征伐せいばつてんよりづ。てんみちければ、すなわ礼楽れいがく征伐せいばつ諸侯しょこうよりづ。諸侯しょこうよりづれば、けだ十世じっせいにしてうしなわざることまれなり。たいよりづれば、せいにしてうしなわざることまれなり。陪臣ばいしん国命こくめいれば、三世さんせいにしてうしなわざることまれなり。てんみちれば、すなわまつりごとたいらず。てんみちれば、すなわ庶人しょじんせず。
現代語訳
  • 孔先生 ――「きまりのある世には、文化関係も軍事行動も王さまの命令による。きまりのない世では、文化関係や軍事行動を殿さまが命令する。殿さまが命令するようでは、まず十代でほろびないことはめずらしかろう。家老が命令するようだと、五代でほろびないことはめずらしかろう。家老の家来が政権をにぎったら、三代でほろびないことはめずらしかろう。きまりのある世なら、政権は家老の手に移らない。きまりのある世では、一般人は政治論をしない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「先師がいわれた。天下に道が行なわれている時には、文武の政令がすべて天子から出る。天下に道が行なわれていない時には、文武の政令が諸侯から出る。政令が諸侯から出るようになれば、おそらくその政権が十代とつづくことはまれであろう。政令が大夫から出るようになれば、五代とつづくことはまれであろう。さらに陪臣が国政の実権を握るようになれば、三代とつづくことはまれであろう。天下に道が行なわれておれば、政権が大夫の手にうつるようなことはない。天下に道が行なわれておれば、庶民が政治を論議することもない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 自 … 「より」と読み、「~から」と訳す。時間・場所などの起点を示す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十