>   論語   >   季氏第十六   >   1

季氏第十六 1 季子將伐顓臾章

421(16-01)
季子將伐顓臾。冉有季路見於孔子曰。季氏將有事於顓臾。孔子曰。求。無乃爾是過與。夫顓臾。昔者先王以爲東蒙主。且在邦域之中矣。是社稷之臣也。何以伐爲。冉有曰。夫子欲之。吾二臣者。皆不欲也。孔子曰。求。周任有言。曰。陳力就列。不能者止。危而不持。顛而不扶。則將焉用彼相矣。且爾言過矣。虎兕出於柙。龜玉毀於櫝中。是誰之過與。冉有曰。今夫顓臾。固而近於費。今不取。後丗必爲子孫憂。
孔子曰。求。君子疾夫舎曰欲之。而必爲之辭。丘也聞有國有家者。不患寡而患不均。不患貧而患不安。蓋均無貧。和無寡。安無傾。夫如是。故遠人不服。則脩文徳以來之。既來之。則安之。今由與求也相夫子。遠人不服。而不能來也。邦文崩離析。而不能守也。而謀動干戈於邦内。吾恐季孫之憂。不在顓臾。而在蕭牆之内也。
季氏きしまさせんたんとす。冉有ぜんゆう季路きろこうまみえていわく、季氏きしまさせんことらんとす。こういわく、きゅうすなわなんじあやまてることきか。せんは、昔者むかし先王せんおうもっ東蒙とうもうしゅせり。邦域ほういきうちり。しゃしょくしんなり。なんつことをもっさん。冉有ぜんゆういわく、ふうこれほっす。われ二臣にしんものは、みなほっせざるなり。こういわく、きゅうしゅうじんえるり。いわく、ちからべてれつき、あたわざればむと。あやうくしてせず、くつがえりてたすけずんば、すなわいずくんぞしょうもちいん。なんじげんあやまてり。虎兕こじこうよりで、ぎょくとくちゅうやぶれなば、たれあやまちぞ。冉有ぜんゆういわく、いませんかたくしてちかし。いまらずんば、後世こうせいかならそんうれいとらん。
こういわく、きゅうくんこれほっすとうをきて、かならこれすをにくむ。きゅうく、くにたもいえたもものは、すくなきをうれえずしてひとしからざるをうれう。まずしきをうれえずしてやすからざるをうれうと。けだひとしければまずしきことく、すればすくなきことく、やすければかたむくことし。くのごとし。ゆえ遠人えんじんふくせざれば、すなわ文徳ぶんとくおさめてもっこれきたす。すでこれきたせば、すなわこれやすんず。いまゆうきゅうや、ふうたすけ、遠人えんじんふくせずして、しかきたすことあたわず。くに文崩ぶんほうせきして、しかまもることあたわざるなり。しこうしてかん邦内ほうないうごかさんとはかる。われそんうれいは、せんらずして、蕭牆しょうしょううちらんことをおそるるなり。
現代語訳
  • (魯の家老の)季孫が(保護国の)顓臾(センユ)を攻め取ろうとした。冉(ゼン)有と子路が孔先生にお会いしていう、「季孫さんが顓臾の国をねらっています。」孔先生 ――「求くん、それはきみの責任じゃないかね。あの顓臾は、むかし(周の)王さまが東蒙山のあるじとされた国で、もともと魯の領土の一部じゃ。だからお国の家来じゃよ。なんで攻めたりする…。」冉有 ――「主人の考えでして、わたしども家来はふたりとも反対ですが…。」孔先生 ――「求くん、むかし(歴史家の)周任がいった、『ちからいっぱいに勤め、およばなければやめる』と。あぶないときにささえ、ころんだときに助け起こさなかったら、つきそい人がなんの役にたとうぞ。それにきみのいうこともまちがいじゃ。トラや野牛がオリを破り、亀甲や宝石が箱のなかでこわれたら、それはだれの責任かな…。」冉有 ――「あの顓臾は、守りが固いうえに(季家の領地の)費の近くです。いま攻め取らないと、のちの世にきっと子孫のなやみになります。」孔先生 ――「求くん、人間が自分の欲心をいつわって、なんとか口実をつけるのはいやらしいものじゃ。わしは聞いている、『殿や家老というものは、人不足なことより、不公平を恐れる。貧乏よりも、不安定を恐れる』と。つまり公平ならば貧乏はなく、むつまじければ人不足はなく、安定すれば変動はない。というわけじゃから、遠くの人が従わないときは、こちらの文化を高めて、ひきよせてやる。ひきよせたなら、落ちつけてやる。ところが由くんと求くんは、主人につきそいながら、遠くの人の従わないのを、ひきよせることができない。国がバラバラにわかれても、固めることができない。それでいて国内の戦争をもくろんでいる。どうやら季孫さんの心配なのは、そとの顓臾じゃなくて、ヘイの内がわのほうじゃな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 季氏が魯の保護国せんを討伐しようとした。季氏に仕えていた冉有と季路とが先師にまみえていった。――
    「季氏がせんに対して事を起そうとしています」
    先師がいわれた。
    きゅうよ、もしそうだとしたら、それはお前がわるいのではないのかね。いったいせんという国は、昔、周王が東蒙とうもう山の近くに領地を与えてその山の祭祀をお命じになった国なのだ。それに、今では魯の支配下にはいっていて、その領主は明らかに魯の臣下だ。同じく魯の臣下たる季氏が勝手に討伐などできる国ではないだろう」
    冉有がいった。――
    「主人がやりたがって困るのです。私どもは二人とも決して賛成しているわけではありませんが……」
    先師がいわれた。――
    きゅうよ、昔、しゅうにんという人は『力のかぎりをつくして任務にあたり、任務が果たせなければその地位を退け。盲人がつまずいた時に支えてやることができず、ころんだ時にたすけ起すことができなければ、手引きはあっても無いに等しい』といっているが、全くそのとおりだ。お前のいうことは、いかにもなさけない。もしも虎や野牛が檻から逃げ出したとしたら、それはいったい誰の責任だ。また亀甲や宝石が箱の中でこわれていたとしたら、それはいったい誰の罪だ。よく考えてみるがいい」
    冉有がいった。――
    「おっしゃることはごもっともですが、しかし現在のせんは、要害堅固で、季氏の領地のにも近いところでございますし、今のうちに始末をしておきませんと、将来、子孫の心配の種になりそうにも思えますので……」
    先師がいわれた。――
    きゅう、君子というものは、自分の本心を率直にいわないで、あれこれと言葉をかざるのをにくむものだ。私はこういうことを聞いたことがある。諸侯や大夫たる者はその領内の人民の貧しいのを憂えず、富の不平均になるのを憂え、人民の少ないのを憂えず、人心の安定しないのを憂えるというのだ。私の考えるところでは、富が平均すれば貧しいこともなく、人心がやわらげば人民がへることもない。そして人心が安定すれば国が傾くこともないだろう。かようなわけだから、もし遠い土地の人民が帰服しなければ、文教徳化をさかんにして自然に慕ってくるようにするがいいし、すでに帰服して来たものは安んじて生を楽しむようにしてやるがいい。今、きいていると、ゆうきゅうも、季氏を輔佐していながら、遠い土地の人民を帰服させることができず、国内を四分五裂させて、その収拾がつかず、しかも領内に兵を動かして動乱をひきおこそうと策謀している。もってのほかだ。私は、季孫の憂いの種は、実はせんにはなくて垣根のうちにあると思うがどうだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 季氏 … 魯の国の大夫、季孫氏。三桓の中で最も勢力があった。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 顓臾 … 国の名。
  • 冉有 … 前522~?。孔門十哲のひとり。姓は冉、名は求。あざなは子有。政治的才能があり、季氏の宰(家老)となった。孔子より二十九歳年少。冉求、冉子とも。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 季路 … 前542~前480。姓はちゅう、名はゆうあざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ちなみに「季」は兄弟の一番末っ子。兄弟を年齢の上の者から順に、伯(孟)・仲・叔・季で表す。ウィキペディア【子路】参照。
補説
  • 冉有 … 『孔子家語』七十二弟子解に「冉求は字は子有。仲弓の宗族なり。孔子よりわかきこと二十九歳。才芸有り。政事を以て名を著す。仕えて季氏の宰と為る。進めば則ち其の官職をおさめ、退けば則ち教えを聖師に受く。性たること多く謙退す。故に子曰く、求や退、故に之を進ましむ、と」(冉求字子有。仲弓之宗族。少孔子二十九歳。有才藝。以政事著名。仕爲季氏宰。進則理其官職、退則受教聖師。爲性多謙退。故子曰、求也退、故進之)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「冉求、字は子有。孔子よりわかきこと二十九歳。季氏の宰と為る」(冉求字子有。少孔子二十九歳。爲季氏宰)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 季路 … 『孔子家語』七十二弟子解に「仲由は卞人べんひと、字は子路。いつの字は季路。孔子よりわかきこと九歳。勇力ゆうりき才芸有り。政事を以て名を著す。人と為り果烈にして剛直。性、にして変通に達せず。衛に仕えて大夫と為る。蒯聵かいがいと其の子ちょうと国を争うに遇う。子路遂に輒の難に死す。孔子之を痛む。曰く、吾、由有りてより、悪言耳に入らず、と」(仲由卞人、字子路。一字季路。少孔子九歳。有勇力才藝。以政事著名。爲人果烈而剛直。性鄙而不達於變通。仕衞爲大夫。遇蒯聵與其子輒爭國。子路遂死輒難。孔子痛之。曰、自吾有由、而惡言不入於耳)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「仲由、字は子路、べんの人なり。孔子よりもわかきこと九歳。子路性いやしく、勇力を好み、志こうちょくにして、雄鶏を冠し、とんび、孔子を陵暴す。孔子、礼を設け、ようやく子路をいざなう。子路、後に儒服してし、門人に因りて弟子たるを請う」(仲由字子路、卞人也。少孔子九歳。子路性鄙、好勇力、志伉直、冠雄鷄、佩豭豚、陵暴孔子。孔子設禮、稍誘子路。子路後儒服委質、因門人請爲弟子)とある。伉直は、心が強くて素直なこと。豭豚は、オスの豚の皮を剣の飾りにしたもの。委質は、はじめて仕官すること。ここでは孔子に弟子入りすること。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 而必爲之辭 … 『義疏』では「而必更爲之辭」に作る。
  • 於柙 … 『義疏』に「於」の字なし。
  • 於櫝中 … 『義疏』に「於」の字なし。
  • 伐爲 … 『義疏』では「爲伐也」に作る。
  • 不在顓臾 … 『義疏』では「不在於顓臾」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十