>   論語   >   衛霊公第十五   >   41

衛霊公第十五 41 師冕見章

420(15-41)
師冕見。及階。子曰。階也。及席。子曰。席也。皆坐。子告之曰。某在斯。某在斯。師冕出。子張問曰。與師言之道與。子曰。然。固相師之道也。
べんまみゆ。かいおよぶ。いわく、かいなり。せきおよぶ。いわく、せきなり。みなす。これげていわく、それがしここり、それがしここりと。べんづ。ちょういていわく、うのみちか。いわく、しかり。もとよりたすくるのみちなり。
現代語訳
  • (※※※の)音楽師冕(ベン)が会いにきた。段段までくると、先生 ――「段段ですよ。」座席までくると、先生 ――「座席です。」みんながすわると、先生はかれに知らせる、「だれさんはこちら。だれさんはこちら」と。音楽師の冕が帰ってから子張がたずねる、「あれが音楽師と対談なさるきまりですか。」先生 ――「そうじゃ。(※※※の)音楽師は助けてあげるものじゃ。」(「※※※」部分は、現在視覚障害者を指す差別用語といわれているため、伏せ字とした。)(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 盲人の音楽師のべんがたずねて来た。階段のところまでくると、先師がいわれた。――
    「階段だよ」
    やがてべんが座席の近くまでくると、先師はいわれた。――
    「さあ、ここにおかけなさい」
    みんなが座席につくと、先師は、誰はここ、誰はそこ、というふうに、一々みんなの坐っている場所をべんに告げられた。
    べんが帰ったあとで子張がたずねた。――
    「あんなふうに、一々こまかにおっしゃるのが音楽師に対する作法でしょうか」
    先師がこたえられた。――
    「そうだ。相手は盲人なのだから、むろんあのぐらいなことは言ってやらなければ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 師 … 地位の高い楽師。当時は盲目の人が就いたという。
  • 冕 … 楽師の名。
  • 相 … 助ける。
補説
  • 及席 … 『義疏』では「及席也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十