>   論語   >   衛霊公第十五   >   40

衛霊公第十五 40 子曰辭達而已矣章

419(15-40)
子曰。辭達而已矣。
いわく、たっするのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「ことばは、よくわかるのがいい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「言語文章は意味の通ずることが肝心かんじんじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「言葉というものは、十分に意志が通じさえすればそれでいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 辞 … 言語文章。
  • 達而已矣 … 「達せんのみ」とも訓読する。
  • 而已矣 … 「のみ」と読む。強い断定の意を示す。「而已のみ」をさらに強調した言い方。「…だけだ」「他にはない、ただこれだけだ」の意。「而已焉」「而已耳」も同じ。
  • 達 … 意志を十分に通達すること。
補説
  • 辞 … 荻生徂徠は「按ずるに凡そ言のあやを成せる之れを辞と謂う。しこうしてここは辞命を謂うなり」(按凡言之成文謂之辭。而此謂辭命也)と言い、「外交辞令」と解釈している。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集注』に「辞は意を達するに取りて止む。富麗を以てたくみと為さず」(辭取達意而止。不以富麗爲工)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十