>   論語   >   衛霊公第十五   >   35

衛霊公第十五 35 子曰當仁不讓於師章

414(15-35)
子曰。當仁。不讓於師。
わく、じんたりては、にもゆずらず。
  • 当仁 … 仁の実行に当たっては。
  • 師 … 先生。
  • 不譲 … 譲歩しない。佐藤一斎は「譲らずとは、猶お後れずと言うがごとし。勇往の心を状するのみ」(不讓、猶言不後。状勇往之心耳)と言っている。『論語欄外書』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集解』に引く孔安国の注には「仁を行うの事に当たりては、復た師にも譲らず。仁を行うこと急なるを言う」(當行仁之事、不復讓於師。言行仁急)とある。
  • 『集注』には「仁に当たるとは、仁を以て己が任と為すなり。師と雖も亦たゆずる所無しとは、当に勇み往きて必ず為すべきを言うなり。けだし仁とは人の自ら有する所にして、自ら之を為せば、争うこと有るに非ざるなり。何のゆずることか之れ有らん」(當仁、以仁爲己任也。雖師亦無所遜、言當勇往而必爲也。蓋仁者人所自有、而自爲之、非有爭也。何遜之有)とある。
  • 『集注』に引く程こう(もしくは程)の注には「仁を為すは己に在れば、ためゆずる所無し。善名の外に在るがごときは、則ちゆずらざるべからず」(爲仁在己、無所與遜。若善名在外、則不可不遜)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れ仁のつとめ行わざるべからざるを言うなり。師は道の在る所、まこと事毎ことごとゆずらざるべからず。然れども仁に於いて則ち然らざる者は、けだし仁は人道の本にして、師は命を受くる所なり。いやしくもかくの如くなれば、則ち人道の本を尽くして、能く其の命を受くる者なり。其の之をゆずらざる者は、まさに深く之をゆずる所以なり」(此言仁之不可不力行也。師者道之所在、固毎事不可不讓焉。然於仁則不然者、蓋仁人道之本、而師者所受命也。苟如此、則盡人道之本、而能受其命者也。其不讓之者、適所以深讓之也)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「仁に当たりては師にゆずらず、朱註、仁以て己が任とというを引く。之を得たり。仁道は広大、よろしくゆずるべきがごとく然り。故に師にゆずらずと曰う。而して其の譲らざる所以の故は、孔安国之を得たり。仁を行うに急なりと曰う。程子曰わく、仁を為すは己に在り。ためゆずる所無しと。なり。果たしてしからば、何ぞだ仁に於いてのみならんや。民を救い民を安んずるの事、得て之をゆるくすべからざればなり」(當仁不讓於師。朱註。引仁以爲己任。得之矣。仁道廣大。宜若可讓然。故曰不讓於師。而其所以不讓之故者。孔安國得之。曰行仁急。程子曰。爲仁在己。無所與遜。非矣。果爾。何唯於仁乎。救民安民事。不可得而緩之也)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子様がおっしゃるよう、仁を行うには、先生に遠慮えんりょはいらぬ」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。仁の道にかけては、先生にもゆずる必要はない」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十