>   論語   >   衛霊公第十五   >   33

衛霊公第十五 33 子曰君子不可小知章

412(15-33)
子曰、君子不可小知、而可大受也。小人不可大受、而可小知也。
いわく、くんしょうせしむべからずして、大受たいじゅせしむべきなり。しょうじん大受たいじゅせしむべからずして、しょうせしむべきなり。
現代語訳
  • 先生 ――「人物は小手先はきかぬが、大しごとがまかせられる。俗物は大しごとはダメだが、小手先は得意だ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「大人物には、区々たる小技術をあつかわせ得ないが、国家の盛衰せいすい興亡こうぼうを引受けさせ得る。小人物には、天下の大事は担任たんにんさせ得ないが、雑用小事務は扱わせ得る。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は、こまごましたことをやらせてみても、その人物の価値はわからない。しかし大事をまかせることができる。小人には大事はまかされない。しかし、こまごましたことをやらせてみると、使いどころがあるものである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子 … ここでは大人物の意。
  • 小知 … つまらないことを知る。些末なことを理解し、それを実行する。「知」はつかさどるの意。
  • 不可 … させられない。
  • 大受 … 大きな任務を引き受けさせる。大きな仕事をやらせる。
  • 可 … させられる。
  • 小人 … ここでは小人物の意。
補説
  • 大受 … 『集注』に「受は、かれの受くる所なり」(受、彼所受也)とあり、「その人自身が大きな任務を受けとめられること」と解釈している。
  • 『集解』に引く王粛の注に「君子の道は深遠なり。小了知すべからず。而して大受すべし。小人の道は浅近なり。小了知すべし。而れども大受すべからざるなり」(君子之道深遠。不可小了知。而可大受。小人之道淺近。可小了知。而不可大受也)とある。
  • 『集注』に「此れ人をるの法を言う。知は、われ之を知るなり。受は、彼の受くる所なり。蓋し君子細事に於いては未だ必ずしも観るべからざれども、材徳は以て重きに任ずるに足る。小人は器量浅狭なりと雖も、而れども未だ必ずしも一長の取るべきこと無からず」(此言觀人之法。知、我知之也。受、彼所受也。蓋君子於細事未必可觀、而材德足以任重。小人雖器量淺狹、而未必無一長可取)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れ君子の得る所、小人と同じからざるを言うなり」(此言君子之所得與小人不同也)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「故に此の章は人をるの法に非ず。蓋し人を用うるの法なり。大受とは大いに之に任ずるなり。小知とは小しく之を用うるなり」(故此章非觀人之法矣。蓋用人之法也。大受者大任之也。小知者小用之也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十