>   論語   >   泰伯第八   >   6

泰伯第八 6 曾子曰可以託六尺之孤章

190(08-06)
曾子曰、可以託六尺之孤、可以寄百里之命。臨大節而不可奪也。君子人與、君子人也。
そういわく、もっ六尺りくせきたくすべく、もっひゃくめいすべし。大節たいせつのぞみてうばうべからず。くんじんか、くんじんなり。
現代語訳
  • 曽先生 ――「十四五歳の若ぎみと、一つの国の政治をまかされ、重大なときにもビクともしないのは、りっぱな人か…。りっぱな人だ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 曾先生がいわれた。――
    「安んじて幼君の補佐を頼み、国政を任せることができ、重大事に臨んで断じて節操をまげない人、このような人を君子人というのであろうか。まさにこのような人をこそ君子人というべきであろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 可以~ … 「もって~すべし」と読む。「~できる」「~してよい」と訳す。
  • 託・寄 … どちらも「預ける」「任せる」「委ねる」の意。
  • 六尺之孤 … 父が死んで幼少で即位した君主。六尺は、「りくせき」と読む。十五歳以下のこと。身長でおよその年齢を示した。周代の一尺は七寸二分(21.5cm)。六尺は四尺三寸二分(130cm)。孤は、みなし児。
  • 百里之命 … 諸侯の国の政令。百里は、百里四方の国の意で、諸侯の国をいう。命は、政令。
  • 大節 … 国家の重大事件。
  • 不可奪也 … (その人物の節操や志を)奪い去ることができない。「不可~」は、「~べからず」と読み、「~することができない」と訳す。
  • 君子人与。君子人也 … 自問自答の形。「(そういう人こそが)君子らしい人であろうか、たしかに君子らしい人である」と訳す。「君子人」は「君子」に同じ。与は、疑問の助字。也は、断定の助字。
補説
  • 曾子 … 『孔子家語』七十二弟子解篇に「曾参は南武城の人、あざなは子輿。孔子よりわかきこと四十六歳。志孝道に存す。故に孔子之に因りて以て孝経を作る」(曾參南武城人、字子輿。少孔子四十六歲。志存孝道。故孔子因之以作孝經)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。
  • 不可奪也 … 『集注』に「与は、疑うの辞。也は、決するの辞」(與、疑辭。也、決辭)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十