>   論語   >   衛霊公第十五   >   28

衛霊公第十五 28 子曰人能弘道章

407(15-28)
子曰、人能弘道。非道弘人。
いわく、ひとみちひろむ。みちひとひろむるにあらざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「人が道をひろめるんで、道が人をひろめるんじゃない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「道はもちろん人を待って存するものではないけれども、人を待って拡大強化されるものじゃ。すなわち人が道をひろめるもので、道が人をひろめるものではないから、人たる者は道を弘めんがためにりっりょくすべきである。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「人が道を大きくするのであって、道が人を大きくするのではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 道 … 人の道。道徳。
  • 弘 … 広げて大きくすること。
補説
  • 弘 … 『集注』に「弘は、かくして之を大いにするなり」(弘、廓而大之也)とある。水戸の「弘道館」の名はここから出ている。
  • 非道弘人 … 『義疏』では「非道弘人也」に作る。
  • 『集解』に引く王粛の注に「才の大なる者は道したがいて大、才の小なる者は道随いて小、故に人を弘むること能わず」(才大者道隨大、才小者道隨小、故不能弘人)とある。
  • 『集注』に「人の外に道無く、道の外に人無し。然れども人心に覚有りて、道体為すこと無し。故に人能く其の道を大いにし、道其の人を大いにすること能わざるなり」(人外無道、道外無人。然人心有覺、而道體無爲。故人能大其道、道不能大其人也)とある。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「道とは先王の道なり。道はむなしくは行われず。必ず人に存す。孔子の云うことしか所以ゆえんの者は、だ道を守りて則ちからず、必ずまさに之を盛大にすべし。故にみちひとを弘むるに非ずと曰う」(道者先王之道也。道不虚行。必存乎人。孔子所以云爾者。不容徒守道則已。必當盛大之。故曰非道弘人)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十