>   論語   >   衛霊公第十五   >   19

衛霊公第十五 19 子曰君子疾没世而名不稱焉章

398(15-19)
子曰。君子疾沒世而名不稱焉。
いわく、くんぼっするまで、しょうせられざるをにくむ。
現代語訳
  • 先生 ――「人物は、死んでから名を残さないのをおそれる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子といえども、死後になっても自分の名がたたえられないのは苦痛である」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 疾 … 「む」とも読む。にくむ。嫌う。恥じる。
  • 没世 … 「世をう」とも読む。生涯を終える。死ぬまで。終身。
  • 名不称 … 自分の名が世に讃えられない。世間の評判にならない。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十