>   論語   >   憲問第十四   >   33

憲問第十四 33 子曰不逆詐章

365(14-33)
子曰。不逆詐。不億不信。抑亦先覺者是賢乎。
いわく、いつわりをむかえず。しんはからず。そもそさとものけんか。
現代語訳
  • 先生 ――「かけひきの先まわりをせず、うたがわれるかと気をまわしもせず、それでいてさきに気のつくのは、かしこいのだろうな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「人が自分をだましはせぬかとこちらからあらかじめ迎えてかかったり、人が自分を疑って信用せぬのではないかと取越とりこしろうしたりしないで、正心誠意に人に接しながら、しかも相手のいつわりや疑いが鏡のごとくこちらにうつるようになったら、それこそ賢人というものだろうか。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「だまされはしないかと邪推したり、疑われはしないかと取越し苦労をしたりしないで、虚心に相手に接しながら、しかも相手の本心がわかるようであれば、賢者といえようか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 逆詐 … 他人が自分をだますのではないかと警戒すること。
  • 不信 … 他人が自分に対して不信の行いをすること。
  • 億 … 憶測をめぐらす。
  • 抑亦 … 「そもそもまた」と読み、「それでいてまた」と訳す。
  • 先覚 … 相手の真偽を直感的に見抜く。今日使われている「先覚者」とは意味が異なる。
補説
  • 逆詐 … 『集注』に「逆は、未だ至らずして之を迎うるなり。……詐は、人の己を欺くを謂う」(逆、未至而迎之也。……詐、謂人欺己)とある。
  • 不信 … 『集注』に「不信は、人の己を疑うを謂う」(不信、謂人疑己)とあり、「他人が自分を疑うこと」と解釈している。
  • 億 … 『集注』に「億は、未だ見ずして之をおもうなり」(億、未見而意之也)とある。
  • 抑亦 … 『集注』に「抑は、反語の辞。言うこころはむかえずはからずと雖も、しかれども人の情偽にいて、自然に先ず覚るを、すなわち賢と為すなり」(抑、反語辭。言雖不逆不億、而於人之情僞、自然先覺、乃爲賢也)とある。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「先ず人情を覚る者は、是れ寧ぞ能く賢為らんや。或いは時に反って人を怨むなり」(先覺人情者、是寧能爲賢乎。或時反怨人)とある。
  • 伊藤仁斎は「いつわりをむかえず。しんはからずは、だ誠直の人これくす。しかれどもいまいたれりとさざるなり。これくわうるに先覚の明りて、もうの失きは、すなわ明睿めいえい君子くんしあらざればあたわず。真の賢者なり」(不逆詐、不億不信、唯誠直之人能之。然未爲至也。加之有先覺之明、而無誣罔之失、則非明睿之君子不能。眞賢者也)と言う。「誣罔」はないことをあるように偽って言うこと。「明睿」は敏いこと。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「いつわりをむかえず。しんはからずは、けだし古語なり。孔子これを引きて、以て先覚して以て智と為す者を戒む」(不逆詐。不億不信。蓋古語也。孔子引此。以戒先覺以爲智者)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十