>   論語   >   憲問第十四   >   14

憲問第十四 14 子問公叔文子於公明賈章

346(14-14)
子問公叔文子於公明賈曰。信乎。夫子不言不笑不取乎。公明賈對曰。以告者過也。夫子時然後言。人不厭其言。樂然後笑。人不厭其笑。義然後取。人不厭其取。子曰。其然。豈其然乎。
こうしゅくぶん公明こうめいいていわく、まことなるか、ふうわず、わらわず、らずとは。公明こうめいこたえていわく、もっぐるものあやまちなり。ふうときにしてしかのちう。ひとうことをいとわず。たのしみてしかのちわらう。ひとわらうことをいとわず。にしてしかのちる。ひとることをいとわず。いわく、しかり。しからんや。
現代語訳
  • 先生が公叔文さんのことを公明賈(カ)にたずねて ――「ほんとかな…。あのかたはものもいわず、笑いもせず、受けとりもしないのか。」公明賈がこたえる、「それを伝えた人が、いいすぎたんです。あのかたはちょうどいい時に、ものをいいます。さし出がましくないわけです。ほんとにうれしくて、笑います。笑いにいやみがないわけです。すじが通れば、受けとります。受けとりかたにいやみがないわけです。」先生 ――「そう…。ほんとにそうなのか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が公叔文子こうしゅくぶんしのことを公明こうめいにたずねていわれた。
    「ほんとうでしょうか、あの方は、言わず笑わず取らず、というような方だときいていますが?」
    公明賈がこたえていった。
    「それはお話しした人の言いすぎでございましょう。あの方は、言うべき時になってはじめて口をひらかれますので、人があの方を口数の多い方だとは思わないのです。あの方は心から楽しい時にだけ笑われますので、お笑いになるのが鼻につかないのです。また、あの方は、筋道の立つ贈物だけをお取りになりますので、お取りになっても人が気にしないのです」
    すると先師がいわれた。――
    「なるほど、その通りでしょう。うわさなどあてになりませんね」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 公叔文子 … 衛の大夫。公孫抜。
  • 公明賈 … 衛の人。姓は公明、名は賈。
補説
  • 人不厭其言 … 『義疏』では「人不厭其言也」に作る。
  • 人不厭其笑 … 『義疏』では「人不厭其笑也」に作る。
  • 人不厭其取 … 『義疏』では「人不厭其取也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十