>   論語   >   子路第十三   >   8

子路第十三 8 子謂衛公子荊章

310(13-08)
子謂衛公子荊。善居室。始有曰。苟合矣。少有曰。苟完矣。富有曰。苟美矣。
えいこうけいう、しつる。はじめてるにいわく、いささあつまる。すこしくるにいわく、いささまったし。さかんにるにいわく、いささし。
現代語訳
  • 先生は衛の国の若殿の荊(ケイ)を、家持ちがよいとほめた ―― 「物はわずかでも、『まあまにあった』という。すこしふえると、『これでそろった』という。多いだけなのに、『これならみごとだ』という。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 衛の公子けいのことについて、先師がいわれた。――
    「あの人は家庭経済をよく心得て、おごらなかった人だ。はじめ型ばかりの家財があった時に、どうやらまにあいそうだといい、少し家財がふえると、どうやらこれで十分だといい、足りないものがないようになると、いささか華美になりすぎたといった」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 公子荊 … 衛の大夫。詳細は不明。
  • 謂 … 批評する。
  • 居室 … 家を治めること。
  • 苟 … ここでは「いささか」と読み、「まあどうにか」と訳す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十