>   論語   >   子路第十三   >   2

子路第十三 2 仲弓爲季氏宰章

304(13-02)
仲弓爲季氏宰。問政。子曰。先有司。赦小過。舉賢才。曰。焉知賢才而舉之。曰。舉爾所知。爾所不知。人其舎諸。
仲弓ちゅうきゅう季氏きしさいり、まつりごとう。いわく、ゆうさきにし、しょうゆるし、賢才けんさいげよ。いわく、いずくんぞ賢才けんさいりてこれげん。いわく、なんじところげよ。なんじらざるところは、ひとこれてんや。
現代語訳
  • 仲弓(チュウキュウ)が(魯の国の家老)季氏の執事になり、政治のことをきく。先生 ――「まず担任をきめ、ちいさな落ちどはゆるし、できる人はとりたてる。」 ―― 「どうしたらできる人がとりたてられます…。」先生 ――「知ってる人を使うんだ。こっちの知らない人は、他人が使わずにはおかぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 仲弓ちゅうきゅうが魯の大夫季氏の執事となったときに、政治について先師にたずねた。先師がいわれた。――
    「それぞれの係の役人を先に立てて働かせるがいい。小さな過失は大目に見るがいい。賢才を挙用することを忘れないがいい」
    仲弓がたずねた。――
    「賢才を挙用すると申しましても、もれなくそれを見いだすことはむずかしいと存じますが――」
    先師がいわれた。――
    「それは心配ない。お前の知っている賢才を挙用さえすれば、お前の知らない賢才は、人がすててはおかないだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 仲弓 … 姓はぜん、名はようあざなは仲弓。魯の人。孔門十哲のひとり。徳行にすぐれていた。ウィキペディア【仲弓】参照。
  • 季氏 … 魯の国の大夫、季孫氏。三桓の中で最も勢力があった。ウィキペディア【三桓氏】参照。
補説
  • 先有司 … 宮崎市定は「先の有司は」と読み、「これまでいた役人は」と訳している(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十