論語:子路第十三:1 子路問政章(現代語訳・書き下し文・原文) - Web漢文大系
   >   論語   >   子路第十三   >   1

子路第十三 1 子路問政章

303(13-01)
子路問政。子曰。先之勞之。請益。曰。無倦。
子路しろまつりごとう。わく、これさきんじ、これねぎらう。えきう。わく、むことかれ。
現代語訳
  • 子路が政治のことをきく。先生 ――「先に立って、はげますことだ。」なおもたずねる。先生 ――「あきないことだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路が政治についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「人民の先に立ち、人民のために骨折るがいい」
    子路は物足りない気がして、いった。
    「もう少しお話をお願いいたします」
    すると先師はいわれた。――
    「あきないでやることだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。孔門十哲のひとり。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 問政 … 政治の要諦をたずねた。
  • 先之 … 人民に率先する。「之」は人民を指す。
  • 労之 … 人民をいたわり、ねぎらう。「之」は人民を指す。
  • 請益 … もう少し付け加えてお話し下さい。「請」は「~して下さい」の意。「益」は増し加えること。
  • 無倦 … 飽きてはならない。「倦」は物事に飽きて、いやになること。「無」は「毋」「勿」「莫」と同じく、「なかれ」と読み、「~するな」と訳す。禁止の意を示す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十