>   論語   >   顔淵第十二   >   18

顔淵第十二 18 季康子患盜章

296(12-18)
季康子患盜。問於孔子。孔子對曰。苟子之不欲。雖賞之不竊。
こうとううれえて、こうう。こうこたえていわく、いやしくもほっするなくんば、これしょうすといえどぬすまず。
現代語訳
  • 季孫さんが盗賊にこりて、孔先生におたずねした。孔先生の答え ―― 「あなたさえ欲をださなければ、ごホウビをやったって、ぬすみはしません。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 季康子が国内に盗賊の多いのを心配して、先師にその対策をもとめた。すると先師はこたえられた。――
    「もしあなたさえ無欲におなりになれば、賞をあたえるといっても盗む者はありますまい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 季康子 … の国の大夫。姓は季孫、名は肥、康は諡号。子は男子の尊称。魯の三人の家老のひとり。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 盗 … 盗賊。
補説
  • 苟子之不欲 … 『義疏』では「苟子不欲」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十