>   論語   >   先進第十一   >   21

先進第十一 21 子路問聞斯行諸章

274(11-21)
子路問、聞斯行諸。子曰、有父兄在。如之何其聞斯行之。冉有問、聞斯行諸。子曰、聞斯行之。公西華曰、由也問、聞斯行諸。子曰、有父兄在。求也問、聞斯行諸。子曰、聞斯行之。赤也惑。敢問。子曰、求也退。故進之。由也兼人。故退之。
子路しろう、くがままにこここれおこなわんか。いわく、けいいまり。これ如何いかんくがままにこここれおこなわん。冉有ぜんゆうう、くがままにこここれおこなわんか。いわく、くがままにこここれおこなえ。公西こうせいいわく、ゆうう、くがままにこここれおこなわんかと。いわく、けいいまりと。きゅうう、くがままにこここれおこなわんかと。いわく、くがままにこここれおこなえと。せきまどう。えてう。いわく、きゅう退しりぞく。ゆえこれすすむ。ゆうひとぬ。ゆえこれ退しりぞく。
現代語訳
  • 子路がきく、「きいたら、すぐ実行しますか。」先生 ――「父兄がおられるのに、なんでまたきいてすぐ実行できよう。」冉有がきく、「きいたら、すぐ実行しますか。」先生 ――「きいたら、すぐ実行するのじゃ。」公西華がいう、「子路が『きいたらすぐ実行しますか』というと、先生は、『父兄がおられるぞ。』冉有が『きいたらすぐ実行しますか』というと、先生は、『きいたらすぐ実行するのじゃ』とのこと。わたしにはナゾですが、どうかお教えを…。」先生 ――「求(冉有)はグズだから、けしかけたのじゃ。由(子路)はガムシャラゆえ、ひきとめたのじゃ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路が、「いことを聞いたら聞いたままにすぐさま行いましょうか。」とおたずねしたら、孔子様が、「父兄もおられることだからその意向も尊重せねばならず、どうして聞いたままにすぐさま行ってよかろうぞ。」と答えられた。別の時に冉有ぜんゆうが、「聞いたまますぐさま行いましょうか。」とおたずねしたら、孔子様が、「聞いたままにすぐさま行え。」と答えられた。両方の場合ともにそば居合いあわせた公西こうせいがふしぎに思って、「由が『聞くがままにここにこれを行わんか。』とおたずねしたときには、先生は、『父兄いますあり。』と答えられ、また求が、『聞くがままにここにこれを行わんか。』とおたずねしたときには、先生は『聞くがままにここにこれを行え。』と答えられましたが、どういうわけか、せきはなはだ迷いますので、しておたずね致します。」と質問した。孔子様がおっしゃるよう、「求はひっあんだから推進すいしんし、由は人の分まで買って出る男だから牽制けんせいしたまでのことさ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子路がたずねた。――
    「善いことをきいたら、すぐ実行にうつすべきでしょうか」
    先師がこたえられた。――
    「父兄がおいでになるのに、たずねもしないで、一存で実行するのはよろしくない」
    冉有がたずねた。――
    「善いことをきいたら、すぐ実行にうつすべきでしょうか」
    先師がこたえられた。――
    「すぐ実行するがよい」
    後日、公西華が先師にたずねた。――
    「先生は、善事をきいたらすぐ実行すべきかどうかについて、由がおたずねした時には、父兄がおいでになる、とおこたえになり、求がおたずねした時には、すぐ実行せよ、とおこたえになりました。私には、どうも先生のお気持がわかりません。いったい、どちらが先生のご真意なのですか」
    先師はこたえられた。――
    「求はとかく引込み思案だから、尻をたたいてやったし、由はとかく出過ぎるくせがあるから、おさえてやったのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 斯 … 「ここに」と読む。そのまま。すぐに。
  • 諸 … 「これ」と読む。「之乎しこ」の二字を合わせて一字にしたもの。
  • 冉有 … 姓はぜん、名は求。あざなは子有。孔門十哲のひとり。孔子より二十九歳年少。政治的才能があった。冉求、冉子とも。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 公西華 … 前509~?。孔子の弟子。姓は公西こうせい、名はせきあざなは子華。魯の人。孔子より四十二歳若い。公西赤とも。儀式に通じていた。ウィキペディア【公西赤】(中文)参照。
  • 由 … 子路の名。
  • 求 … 冉有の名。
  • 赤 … 公西華の名。
  • 求也退 … 求は引っ込み思案だ。
  • 兼人 … 出しゃばり。他人の仕事までやりたがる。
  • 故退之 … だから抑えておいたのだ。
補説
  • 子路 … 『孔子家語』七十二弟子解に「仲由は卞人べんひと、字は子路。いつの字は季路。孔子よりわかきこと九歳。勇力ゆうりき才芸有り。政事を以て名を著す。人と為り果烈にして剛直。性、にして変通に達せず。衛に仕えて大夫と為る。蒯聵かいがいと其の子ちょうと国を争うに遇う。子路遂に輒の難に死す。孔子之を痛む。曰く、吾、由有りてより、悪言耳に入らず、と」(仲由卞人、字子路。一字季路。少孔子九歳。有勇力才藝。以政事著名。爲人果烈而剛直。性鄙而不達於變通。仕衞爲大夫。遇蒯聵與其子輒爭國。子路遂死輒難。孔子痛之。曰、自吾有由、而惡言不入於耳)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「仲由、字は子路、べんの人なり。孔子よりもわかきこと九歳。子路性いやしく、勇力を好み、志こうちょくにして、雄鶏を冠し、とんび、孔子を陵暴す。孔子、礼を設け、ようやく子路をいざなう。子路、後に儒服してし、門人に因りて弟子たるを請う」(仲由字子路、卞人也。少孔子九歳。子路性鄙、好勇力、志伉直、冠雄鷄、佩豭豚、陵暴孔子。孔子設禮、稍誘子路。子路後儒服委質、因門人請爲弟子)とある。伉直は、心が強くて素直なこと。豭豚は、オスの豚の皮を剣の飾りにしたもの。委質は、はじめて仕官すること。ここでは孔子に弟子入りすること。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 聞斯行諸 … 『集解』に引く包咸の注に「窮をすくい乏を救うの事なり」(賑窮救乏之事也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「斯は、此なり。此は、窮をすくい乏を救うの事を此れとするなり。諸は、之なり。子路孔子に問う、若し窮をすくい乏を救うの事有るを聞かば、便ち之を行うを得るやいなや、と」(斯、此也。此、此於賑窮救乏之事也。諸、之也。子路問孔子。若聞有周窮救乏事、便得行之不乎)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 有父兄在 … 『義疏』に「人の子私に仮与すること無かれ。故に若し事有らば、必ず先ず父兄に啓告するなり」(人子無私假與。故若有事、必先啓告父兄也)とある。
  • 如之何其聞斯行之 … 『集解』に引く孔安国の注に「当に父兄にもうすべし。自ら専らにするを得可からざるなり」(當白父兄。不可得自專也)とある。また『義疏』に「既に父兄に由る。故に己如何ぞ聞くがままにして行わんや。不可なるを言うなり」(既由父兄。故己如何聞而行乎。言不可也)とある。
  • 其聞斯行之 … 『義疏』では「其聞斯行之也」に作る。
  • 冉有 … 『孔子家語』七十二弟子解に「冉求は字は子有。仲弓の宗族なり。孔子よりわかきこと二十九歳。才芸有り。政事を以て名を著す。仕えて季氏の宰と為る。進めば則ち其の官職をおさめ、退けば則ち教えを聖師に受く。性たること多く謙退す。故に子曰く、求や退、故に之を進ましむ、と」(冉求字子有。仲弓之宗族。少孔子二十九歳。有才藝。以政事著名。仕爲季氏宰。進則理其官職、退則受教聖師。爲性多謙退。故子曰、求也退、故進之)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「冉求、字は子有。孔子よりわかきこと二十九歳。季氏の宰と為る」(冉求字子有。少孔子二十九歳。爲季氏宰)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 冉有問、聞斯行諸 … 『義疏』に「子路の問うことと同じなり」(與子路問同也)とある。
  • 子曰、聞斯行之 … 『義疏』に「此の答えは異なれり。言うこころは聞いて即ち之を行うなり」(此答異也。言聞而即行之也)とある。
  • 公西赤(公西華) … 『孔子家語』七十二弟子解に「公西赤はひと、字は子華。孔子よりわかきこと四十二歳。束帯してちょうに立ち、賓主の儀にならう」(公西赤魯人、字子華。少孔子四十二歳。束帶立於朝、閑賓主之儀)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「公西赤、字は子華。孔子よりわかきこと四十二歳」(公西赤字子華。少孔子四十二歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 公西華曰、由也問、聞斯行諸。子曰、有父兄在 … 『義疏』に「公西華は二人問うこと同じうして答うること異なるを疑う。故に二人の問答を領するなり。此れ子路の問答を領するなり」(公西華疑二人問同而答異。故領二人之問答也。此領子路問答也)とある。
  • 求也問、聞斯行諸。子曰、聞斯行之 … 『義疏』に「此れ冉有の問答を領するなり。求は、冉有の名なり」(此領冉有之問答也。求、冉有名也)とある。
  • 赤也惑 … 『集解』に引く孔安国の注に「其の問うこと同じうして答うること異なるに惑うなり」(惑其問同而答異也)とある。また『義疏』に「惑は、疑なり。二人問うこと同じうして孔子の答うること異なれり。故に己疑惑を生ず。故に云う、惑う、と。赤は、公西華の名なり」(惑、疑也。二人問同而孔子答異。故己生疑惑。故云、惑。赤、公西華名也)とある。
  • 敢問 … 『義疏』に「敢は、果敢なり。既に其の深きことを惑う。故に果敢にして之を問う」(敢、果敢也。既惑其深。故果敢而問之)とある。
  • 求也退。故進之 … 『集解』に引く鄭玄の注に「言うこころは冉有の性謙退なり」(言冉有性謙退)とある。また『義疏』に「異義に答うる所以を答うるなり。言うこころは冉求謙退なり。故に之を引いて進ましむること、父兄に白すを先んずと云わざる所以なり」(答所以答異義也。言冉求謙退。故引之令進、所以不云先白父兄也)とある。
  • 由也兼人。故退之 … 『集解』に引く鄭玄の注に「子路務めて人に勝尚まさるに在り。各〻其の人の失に因りて正すなり」(子路務在勝尚人。各因其人之失而正也)とある。また『義疏』に「言うこころは子路の性行行にして人を兼ぬ、好むこと率爾に在り、故に抑〻之を退く、必ず父兄に白せしむるなり」(言子路性行行兼人、好在率爾、故抑退之、必令白父兄也)とある。また『集注』に「人を兼ぬは、人に勝るを謂うなり」(兼人、謂勝人也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集注』に引く張栻の注に「義を聞きては固より当に為すに勇なるべし。然れども父兄のいます有らば、則ち得て専らにす可からざる者有り。若し命をけずして行えば、則ち反って義を傷つくるなり。子路聞くこと有りて、未だ之を行うこと能わざれば、唯だ聞くこと有るを恐る。則ち当に為すべき所に於いて、其の為す能わざるを患えず。だ之を為すの意、或いは過ぎて、当に命を稟くべき所の者に於いて闕くこと有るを患うるのみ。冉求のりんの若きは、之を弱きに失い、其の命を稟けざるを患えざるなり。其の当に為すべき所の者に於いて、逡巡畏縮して、之を為すこと勇ならざるを患うるのみ。聖人一は之を進め、一は之を退く。之を義理の中に約して、之をして過不及の患い無からしむる所以なり」(聞義固當勇爲。然有父兄在、則有不可得而專者。若不禀命而行、則反傷於義矣。子路有聞、未之能行、唯恐有聞。則於所當爲、不患其不能爲矣。特患爲之之意或過、而於所當禀命者有闕耳。若冉求之資禀、失之弱、不患其不禀命也。患其於所當爲者、逡巡畏縮、而爲之不勇耳。聖人一進之、一退之。所以約之於義理之中、而使之無過不及之患也)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ聖人の人を教うるには、或いは進め或いは退く、各〻其の権有り、猶お天地の道、陽舒陰惨、各〻其の時に当たり、万物自ら大化の中に生成長育するがごときを言うなり。……後世人の師たる者、大類己が性の能くする所を以てして、之を天下の材に施さんと欲するは、亦た夫子の道に異なれり。故に師たるの道を知らずして、人の師たるときは、則ち必ず夫の人の子をそこなう。謹しまざる可けんや」(此言聖人之教人、或進或退、各有其權、猶天地之道、陽舒陰惨、各當其時、萬物自生成長育於大化之中也。……後世爲人之師者、大類欲以己性之所能、而施之于天下之材、亦異乎夫子之道矣。故不知爲師之道、而爲人之師、則必賊夫人之子。可不謹哉)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「戴礼たいれい戴徳たいとくに、子曰く、むかし商の老彭ろうほう及びちゅうかい、政を之れ大夫に教え、官の士を教え、技の庶人に教う。揚ぐれば則ち抑え、抑うれば則ち揚げ、かざるに徳行を以てし、任ずるに言を以てせず、と。孔子蓋し是の道を以てするなり」(大戴禮虞戴德、子曰、昔商老彭及仲傀、政之教大夫、官之教士、技之教庶人。揚則抑、抑則揚、綴以德行、不任以言。孔子蓋以是道也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十