>   論語   >   先進第十一   >   21

先進第十一 21 子路問聞斯行諸章

274(11-21)
子路問聞斯行諸。子曰。有父兄在。如之何其聞斯行之。冉有問聞斯行諸。子曰。聞斯行之。公西華曰。由也問聞斯行諸。子曰。有父兄在。求也問聞斯行諸。子曰。聞斯行之。赤也惑。敢問。子曰。求也退。故進之。由也兼人。故退之。
子路しろう、くがままにこここれおこなわんか。いわく、けいいまり、これ如何いかんくがままにこここれおこなわん。冉有ぜんゆうう、くがままにこここれおこなわんか。いわく、くがままにこここれおこなえ。公西こうせいいわく、ゆうう、くがままにこここれおこなわんかと。いわく、けいいまりと。きゅうう、くがままにこここれおこなわんかと。いわく、くがままにこここれおこなえと。せきまどう。えてう。いわく、きゅう退しりぞく。ゆえこれすすむ。ゆうひとぬ。ゆえこれ退しりぞく。
現代語訳
  • 子路がきく、「きいたら、すぐ実行しますか。」先生 ――「父兄がおられるのに、なんでまたきいてすぐ実行できよう。」冉有がきく、「きいたら、すぐ実行しますか。」先生 ――「きいたら、すぐ実行するのじゃ。」公西華がいう、「子路が『きいたらすぐ実行しますか』というと、先生は、『父兄がおられるぞ。』冉有が『きいたらすぐ実行しますか』というと、先生は、『きいたらすぐ実行するのじゃ』とのこと。わたしにはナゾですが、どうかお教えを…。」先生 ――「求(冉有)はグズだから、けしかけたのじゃ。由(子路)はガムシャラゆえ、ひきとめたのじゃ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路がたずねた。――
    「善いことをきいたら、すぐ実行にうつすべきでしょうか」
    先師がこたえられた。――
    「父兄がおいでになるのに、たずねもしないで、一存で実行するのはよろしくない」
    冉有がたずねた。――
    「善いことをきいたら、すぐ実行にうつすべきでしょうか」
    先師がこたえられた。――
    「すぐ実行するがよい」
    後日、公西華が先師にたずねた。――
    「先生は、善事をきいたらすぐ実行すべきかどうかについて、由がおたずねした時には、父兄がおいでになる、とおこたえになり、求がおたずねした時には、すぐ実行せよ、とおこたえになりました。私には、どうも先生のお気持がわかりません。いったい、どちらが先生のご真意なのですか」
    先師はこたえられた。――
    「求はとかく引込み思案だから、尻をたたいてやったし、由はとかく出過ぎるくせがあるから、おさえてやったのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 斯 … 「ここに」と読む。そのまま。すぐに。
  • 諸 … 「これ」と読む。「之乎しこ」の二字を合わせて一字にしたもの。
  • 冉有 … 姓はぜん、名は求。あざなは子有。孔門十哲のひとり。孔子より二十九歳年少。政治的才能があった。冉求、冉子とも。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 公西華 … 前509~?。孔子の弟子。姓は公西こうせい、名はせきあざなは子華。魯の人。孔子より四十二歳若い。公西赤とも。儀式に通じていた。ウィキペディア【公西赤】(中文)参照。
  • 由 … 子路の名。
  • 求 … 冉有の名。
  • 赤 … 公西華の名。
  • 兼人 … 出しゃばり。他人の仕事までやりたがる。
補説
  • 如之何其聞斯行之 … 『義疏』では「如之何其聞斯行之也」に作る。
  • 公西赤(公西華) … 『孔子家語』七十二弟子解に「公西赤はひと、字は子華。孔子よりわかきこと四十二歳。束帯してちょうに立ち、賓主の儀にならう」(公西赤魯人、字子華。少孔子四十二歳。束帶立於朝、閑賓主之儀)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「公西赤、字は子華。孔子よりわかきこと四十二歳」(公西赤字子華。少孔子四十二歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 兼人 … 『集注』に「人を兼ぬは、人に勝るを謂うなり」(兼人、謂勝人也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十