>   論語   >   雍也第六   >   10

雍也第六 10 冉求曰非不説子之道章

129(06-10)
冉求曰。非不説子之道。力不足也。子曰。力不足者。中道而廢。今女畫。
ぜんきゅういわく、みちよろこばざるにあらず。ちかららざるなり。いわく、ちかららざるものは、中道ちゅうどうにしてはいす。いまなんじかぎれり。
現代語訳
  • 冉求(ゼンキュウ) ―― 「先生の教えに不満じゃないけれど、ちからがたりないです。」先生 ――「ちからのたりないものは、中途でへたばる。きみのは見かぎりだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ぜんきゅうがいった。――
    「先生のお説きになる道に心をひかれないのではありません。ただ、何分にも私の力が足りませんので……」
    すると、先師はいわれた。
    「力が足りないかどうかは、こんかぎり努力してみたうえでなければ、わかるものではない。ほんとうに力が足りなければ中途でたおれるまでのことだ。おまえはたおれもしないうちから、自分の力にみきりをつけているようだが、それがいけない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 冉求 … 姓はぜん、名はきゅうあざなゆう。魯の人。孔門十哲のひとり。孔子より29歳若い。ぜんゆうとも。政治的才能があった。ウィキペディア【冉有】参照。
  • 非不 … 二重否定の形。「~(せ)ざるにあらず」と読み、「~(し)ないのではない」「~(し)ないわけではない」と訳す。
  • 説 … 「悦」に同じ。
  • 子之道 … 先生(孔子)の説かれた教え。
  • 中道 … 物事の途中。
  • 廃 … やめる。
  • 女 … 「汝」に同じ。『義疏』では「汝」に作る。
  • 画 … 自分の能力に見切りをつける。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十