>   論語   >   郷党第十   >   17

郷党第十 17 升車必正立執綏章

252(10-17)
升車、必正立執綏。車中不内顧。不疾言、不親指。
くるまのぼるときは、かなら正立せいりつしてすいる。しゃちゅうにてはないせず。疾言しつげんせず、しんせず。
現代語訳
  • 車に乗るには、足もとをしっかりし、ツナにつかまる。乗ってからは、うしろを見ず、セカセカものをいわず、指さしをしない。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 車に乗るときには、真っ直ぐに立って車の吊革つりかわにぎり、みはずしたりつまずいたりせぬよう、ユックリと落ちついて乗る。車の中では、あちこち振り向いたり、高声早口で物を言ったり、ゆびさしたりしない。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 車に乗られる時には、必ず正しく立って車の吊り紐を握り、座席につかれる。車内では左右を見まわしたり、あわただしい口のきき方をしたり、手をあげて指ざしたりされることがない。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 升 … 乗る。
  • 正立 … 正しく立つ。
  • 綏 … 車に乗るときにつかまる紐。
  • 内顧 … 車の中を見回す。
  • 疾言 … 早口で言うこと。
  • 親指 … 指さす。「親」は、みずから。
補説
  • 升車、必正立執綏 … 『集解』に引く周生烈の注に「必ず正しく立ちて綏を執るは、安きを為す所以なり」(必正立執綏、所以爲安也)とある。なお、底本では「升」を「舛」に作る。俗字。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「孔子車に升る礼を謂うなり。綏は、きて以て車に上るときの縄なり。若し車に升る時は、則ち正しく立ちて綏を執り以て上る。安きを為す所以なり」(謂孔子升車禮也。綏、牽以上車之繩也。若升車時、則正立而執綏以上。所以爲安也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「綏は、挽きて以て車に上るの索なり」(綏、挽以上車之索也)とある。索は、ひも。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に引く范祖禹の注に「正しく立ちて綏を執れば、則ち心体正しからざること無く、而して誠意粛恭なり。蓋し君子の荘敬、在らざる所無し。車に升れば則ち此にあらわるるなり」(正立執綏、則心體無不正、而誠意肅恭矣。蓋君子莊敬、無所不在。升車則見於此也)とある。
  • 車中不内顧 … 『集解』に引く包咸の注に「車中にあるときは内顧せずとは、前視して衡枙こうやくを過ぎず、傍視してこくを過ぎざるなり」(車中不内顧者、前視不過衡枙、傍視不過輢轂也)とある。また『義疏』に「内は、猶お後のごときなり。顧は、頭を回らすなり。升りて車上に在るときは、頭を回らして後顧せざるなり。然る所以の者は、後人己に従いて、常には正しくする能わざること有り」(内、猶後也。顧、回頭也。升在車上、不回頭後顧也。所以然者、後人從己、有不能常正)とある。また『集注』に「内顧は、回視なり。礼(記)に曰く、顧みること轂を過ぎず、と。三者皆容を失し、且つ人を惑わす」(内顧、回視也。禮曰、顧不過轂。三者皆失容、且惑人)とある。
  • 不疾言 … 『義疏』に「疾は、高急なり。車上に在りては、言高じ易し。故に疾言せず。人を驚かすを為せばなり」(疾、高急也。在車上、言易高。故不疾言。爲驚於人也)とある。
  • 不親指 … 『義疏』に「車上既に高し。亦た手もて親しく指点する所有るを得ず。下の人を惑わすを為せばなり」(車上旣高。亦不得手有所親指點。爲惑下人也)とある。
  • 『集注』に「此の一節は、孔子の車に升るの容を記す」(此一節、記孔子升車之容)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』はこの章を第十四章とし、「右は孔子車に升るの容を記す」(右記孔子升車之容)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「曲礼に曰く、国君は奇車に乗ぜず。車上にして広欬こうがいせず、妄指せず。立てばけいを視る。しょくするときは馬の尾を視る。顧みること轂に過ぎず、と。此とまさしく同じ。又た曰く、城に登ってゆびささず、城上にしては呼ばわず、と。すこぶる相似たり」(曲禮曰、國君不乘奇車。車上不廣欬、不妄指。立視五嶲。式視馬尾。顧不過轂。與此正同。又曰、登城不指、城上不呼。頗相似也)とある。広欬は、大きな咳払い。五嶲は、十六歩半(先の前方)。一嶲は、車輪一回転の長さ。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十