>   論語   >   郷党第十   >   8

論語 郷党第十 8

10-08 食不厭精。膾不厭細。食饐而餲。魚餒而肉敗不食。色惡不食。臭惡不食。失飪不食。不時不食。割不正不食。不得其醬不食。肉雖多。不使勝食氣。唯酒無量。不及亂。沽酒市脯不食。不撤薑食。不多食。祭於公。不宿肉。祭肉不出三日。出三日。不食之矣。食不語。寢不言。雖蔬食菜羮瓜。祭必齊如也。
せいなるをいとわず、なますほそきをいとわず。してあいし、うおたいしてにくやぶれたるはらわず。いろしきはらわず、においのしきはらわず、じんうしなえるはらわず。ときならざるはらわず。ることただしからざればらわず。しょうざればらわず。にくおおしといえども、食気しきたしめず。たださけりょうし、らんおよばず。沽酒こしゅ市脯しほらわず。はじかみてっせずしてらうも、おおくはらわず。こうまつればにく宿しゅくせず。祭肉さいにく三日さんじつでず。三日さんじつずれば、これらわず。らうにかたらず、ぬるにわず。蔬食そし菜羮さいこううりいえども、まつるときはかなら斉如せいじょたり。
  • 食 … 「し」と読む。めしのこと。新注には「食は、飯なり」(食、飯也)とある。
  • 精 … 精白したもの。新注には「精は、さくなり」(精、鑿也)とある。「鑿」は精白する。
  • 不厭 … 好む。新注には「厭わずは、これを以て善しと為すを言う」(不厭、言以是爲善)とある。
  • 膾 … なます。牛・羊・魚の生肉を細切りにしたもの。大根・人参などを細く切って酢にひたした日本のなますではない。新注には「牛羊と魚との腥は、じょうして之を切りて膾と為す」(牛羊與魚之腥、聶而切之爲膾)とある。
  • 饐 … すえる。飯がすっぱくなる。新注には「饐は、飯の熱湿に傷むなり」(饐、飯傷熱濕也)とある。
  • 餲 … すえて味が変わること。新注には「餲は、味の変ずるなり」(餲、味變也)とある。
  • 餒 … 魚肉が腐ってくずれたもの。新注には「魚のただるるを餒と曰う」(魚爛曰餒)とある。
  • 敗 … 腐敗する。新注には「肉の腐るを敗と曰う」(肉腐曰敗)とある。
  • 失飪 … 煮加減の適度でないもの。半煮えや煮過ぎたもの。古注に引く孔安国の注には「飪を失うとは、生熟の節を失うなり」(失飪、失生熟之節)とある。「生熟」は生の物と煮た物。新注には「飪は、ほう調ちょう生熟の節なり」(飪、烹調生熟之節也)とある。「烹調」は食物の調理加減。
  • 不時 … 「三度の食事以外」という説と、「季節外れのもの」という説の二説ある。古注に引く鄭玄の注には「時ならずは、朝夕日中の時に非ず」(不時、非朝夕日中時)とある。新注には「時ならずは、五穀成らず、果実未だ熟せざるの類」(不時、五穀不成、果實未熟之類)とある。
  • 割 … 肉などの切り方。新注には「肉を割くこと方正ならざる者は食わず。造次の正しきを離れざるなり。漢の陸続の母、肉を切るに未だ嘗て方ならざることなし、葱を断つに寸を以て度と為す。蓋し其の質の美、此と暗合するなり」(割肉不方正者不食。造次不離於正也。漢陸續之母、切肉未嘗不方、斷葱以寸爲度。蓋其質美、與此暗合也)とある。
  • 醤 … 調味料。ソースの類。古注に引く馬融の注には「魚膾ぎょかいかいしょうに非ざれば食わず」(魚膾非芥醬不食)とある。「魚膾」は魚のなます。「芥醤」は、からしのひしほ。新注には「肉を食うに醬を用うるは、各々宜しき所有り。得ざれば則ち食わざるは、其の備わらざるを悪むなり」(食肉用醬、各有所宜。不得則不食、惡其不備也)とある。
  • 肉雖多、不使勝食気 … いくら肉が多くても、ご飯の量より多くは食べない。新注には「食は穀を以て主と為す。故に肉をして食の気に勝たしめず」(食以穀爲主、故不使肉勝食氣)とある。宮崎市定は「食気」を「餼」の一字に改めている。「食氣の二字は原来は餼一字であったものが、誤って二字に分解された」と推測している。米穀の意。「肉は多くても、飯より多くはとらぬ」と訳している。詳しくは『論語の新研究』70頁以下参照。
  • 唯酒無量、不及乱 … ただ酒量は決まっていないが、酔って乱れるほどは飲まれなかった。新注には「酒は以て人の為に歓を合す。故に量を為さず。但だ酔うことを以て節と為して、乱るるに及ばざるのみ」(酒以爲人合歡。故不爲量。但以醉爲節、而不及亂耳)とある。「子罕第九15」には「さけみだれをさず」とある。
  • 沽酒市脯 … 市販の酒や、市販の乾肉。「沽」も「市」も売る、買う。「脯」は、ほじし。干した肉。新注には「沽市は、皆な買うなり。精潔ならず、或いは人をそこなわんことを恐るるなり。康子の薬をめざると意を同じくす」(沽市、皆買也。恐不精潔、或傷人也。與不嘗康子之藥同意)とある。季康子の薬については「郷党第十11」参照。
  • 不撤薑食 … 生姜は下げさせずに食べた。「薑」は、はじかみ。しょうが。新注には「薑は、神明に通じ、穢悪を去る。故にてず」(薑、通神明、去穢惡。故不撤)とある。
  • 不多食 … 生姜は多くは食べない。また、ここを独立した文章として「食べ物の食べ過ぎはしない」という解釈もある。新注には「可にかないて止む、貪る心無し」(適可而止、無貪心也)とある。
  • 祭於公 … 主君の宗廟の祭り。
  • 不宿肉 … 宗廟の祭りでいただいた肉は、その日のうちに食べて翌日に持ち越さない。
  • 祭肉 … 家廟の祭りの肉。
  • 食不語 … 食事中は議論しない。口の中に食物を入れたまま会話をしない。新注には「答述するを語と曰い、自ら言うを言と曰う」(答述曰語、自言曰言)とある。
  • 寝不言 … 寝床に入ってからは物を言わない。
  • 蔬食 … 粗末なめし。「蔬」は皇侃おうがん本・通行本等では「疏」、四部叢刊初篇所収正平本・縮臨本等では「䟽」に作る。
  • 菜羮 … 野菜の汁。
  • 瓜 … うり。皇侃おうがん本では「苽」に作る。
  • 祭 … 食べ物の一部をお初穂として取り分け、神々に供える。
  • 斉如 … 厳粛なさま。敬虔な態度。古注に引く孔安国の注には「斉は、厳敬の貌」(齊、嚴敬貌)とある。
  • 下村湖人(1884~1955)は「米は精白されたのを好まれ、なますは細切りを好まれる。飯のすえて味の変ったのや、魚のくずれたのや、肉の腐ったのは、決して口にされない。色のわるいもの、匂いのわるいものも口にされない。煮加減のよくないものも口にされない。季節はずれのものは口にされない。庖丁のつかい方が正しくないものは口にされない。ひたし汁がまちがっていれば口にされない。肉の料理がいろいろあっても、主食がたべられないほどには口にされない。ただ酒だけは分量をきめられない。しかし、取乱すほどには飲まれない。店で買った酒や乾肉は口にされない。生姜しょうがは残さないで食べられる。大食はされない。君公のお祭りに奉仕していただいた供物の肉は宵越しにならないうちに人にわけられる。家の祭の肉は三日以内に処分し、三日を過ぎると口にされない。口中に食物を入れたままでは話をされない。寝てからは口をきかれない。粗飯や、野菜汁のようなものでも、食事には必ずまずお初穂を捧げられるが、その敬虔そのものである」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十