>   論語   >   子罕第九   >   27

子罕第九 27 子曰歳寒章

232(09-27)
子曰。歳寒。然後知松柏之後彫也。
いわく、としさむくして、しかのちしょうはくしぼむにおくるるをる。
現代語訳
  • 先生 ――「寒さがきて、ようやく松やヒノキの根づよさがわかるね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「厳寒の候、ほかの木の葉がしぼみ落ちる時になってはじめて松やカヤのみどり色かえぬときわ木たることがわかる」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「寒さに向うと、松柏の常盤木であることがよくわかる。ふだんはどの木も一様に青い色をしているが」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 歳寒 … 寒い季節になって。逆境や乱世にたとえている。『集解』には「大寒の歳」(大寒之歳)とあり、「寒さの厳しい年」と、やや異なる解釈をしている。
  • 然後 … 「しかるのち」と読み、「そうしたあとで」と訳す。
  • 松柏 … 松と児手このてがしわ。常緑樹。節操のあるりっぱな人にたとえる。「柏」は「栢」に作るテキストもある。異体字。
  • 後彫 … 「彫」は「しぼむ」と読む。「ちょう」の字に当てている。葉が枯れて散ること。他の樹木は枯れしぼむのに、松柏だけは枯れずに、緑の葉を残している。君子が節操を守ることにたとえる。『集解』には「衆木皆なれて、然うしてのち松柏のすこしく彫傷することを知る」(衆木皆死、然後知松栢小彫傷)とあり、「松柏もしぼみはするが、しぼみ方が少ない」と、異なる解釈をしている。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十