>   論語   >   述而第七   >   13

述而第七 13 子在齊章

160(07-13)
子在齊聞韶。三月不知肉味。曰、不圖爲樂之至於斯也。
せいりてしょうく。三月さんげつにくあじらず。いわく、はからざりき、がくつくることのここいたらんとは。
現代語訳
  • 先生は斉(セイ)の国で、「韶(ショウ)の曲」を三つきも聞いてならい、肉の味もわからなかった。そして ―― 「はてさて、よい音楽はこうもなるものか。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がせい滞在たいざい中、しょうの音楽を聞き、スッカリ感激して、「これほど大した音楽があろうとは思いもよらなかった。」とさんされ、当分は肉をたべても味も覚えぬくらいであった。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師は斉にご滞在中、しょうをきかれた。そして三月の間それを楽しんで、肉の味もおわかりにならないほどであった。そのころ、先師はこういわれた。――
    「これほどのすばらしい音楽があろうとは、思いもかけないことだった」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 斉 … 周代に太公望りょしょうの建てた国。今の山東省に存在した。桓公の代に管仲を用いて覇者となった。ウィキペディア【姜斉】参照。
  • 在斉 … 孔子が斉の国に滞在したのは、三十五歳から四十二、三歳までのことといわれている。
  • 韶 … 舜が作ったといわれる古典音楽。
  • 三月 … ここでは数ヶ月。なお、「三月」を前の句につけて、「韶を聞くこと三月」と読む説もある。
  • 不知肉味 … 心が音楽に奪われて、うまい肉を食べてもその味に気づかなかった。
  • 不図 … 「はからざりき」と読む。文頭につけ、「思いもよらなかった」「予期しなかった」と訳し、次の句を受ける。
  • 為楽之至於斯也 … 音楽がこれほどまでに素晴らしく作られるものとは。「為」は「作」に同じ。「斯」は「韶の音楽のような高い境地」を指す。
補説
  • 子在斉聞韶。三月不知肉味 … 『集解』に引く周生烈の注に「孔子斉に在りしとき、韶楽の盛美なるを習わしむを聞く。故に肉の味を忘るるなり」(孔子在齊、聞習韶樂之盛美。故忘於肉味也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「韶とは、舜の楽名なり。善を尽くし美を尽くす者なり。孔子斉に至りしとき、斉君の韶楽を奏するの盛んなるを聞く。而れども心は痛傷たり。故に口肉の味を忘れ、一時に於いて乃ち止むに至るなり。三月は、一時なり。何を以てか然るや。斉は是れ無道の君にして、聖王の楽を濫奏す。器存するも人そむく。所以に傷慨す可きなり。故に郭象曰く、傷器存して道廃れ、声有れども時無きを得たり」(韶者、舜樂名也。盡善盡美者也。孔子至齊、聞齊君奏於韶樂之盛。而心爲痛傷。故口忘肉味、至於一時乃止也。三月、一時也。何以然也。齊是無道之君、而濫奏聖王之樂。噐存人乖。所以可傷慨也。故郭象曰、傷噐存而道廢、得有聲而無時)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「史記に、三月の上に、学之の二字有り。肉の味を知らずとは、蓋し心是に一にして、他に及ばざるなり」(史記、三月上、有學之二字。不知肉味、蓋心一於是、而不及乎他也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 聞韶 … 『義疏』では「聞韶楽」に作る。
  • 不図為楽之至於斯也 … 『集解』に引く王肅の注に「為は、作なり。韶楽を作すこと此に至るを図らず。此は、斉なり」(爲、作也。不圖作韶樂至於此。此、齊也)とある。また『義疏』に「此れ孔子味を忘るる所以の由を説くなり。図は、猶お謀慮のごときなり。為は、猶お作奏のごときなり。楽は、韶楽なり。斯は、此なり。此れ斉を指すなり。孔子言う、実に聖王の韶楽を奏作して、此の斉侯の国に来たり至るを意慮せざりき。或ひと問いて曰く、楽は人君に随いて変ず。若し人君の心善ならば、則ち楽善なり。心淫なれば則ち楽も淫なり。今、斉君無道にして、韶音那ぞ独り変ぜずして猶お盛んなるや。且つ若し其の音猶お盛んなれば、則ち斉の民宜しく楽に従いて化すべし。而るに斉の民猶お悪みて楽に随いて化せざるは、何ぞや。侃答えて曰く、夫れ楽は人君に随いて変ずる者なり。唯だ時王の楽に在るのみ。何となれば周王遍く六代の楽を奏するが如し。周公・成康の日に当たれば、則ち六代の声悉く善なり。亦た悉く以て民を化す。幽・厲の若きは、周の天下をそこない大いに壊れば、則ち唯だ周楽のみ自ら時君に随いて変壊し、其の民も亦た時君に随いて悪し。余の所殷・夏以上、五聖の楽は則ち時変に随わず。故に韶楽斉に在り。而も音は猶お盛美なる者なり。何を以て然らんや。是れ聖王の楽なるが故に悪君の変に随わざるなり。而して周武も亦た善にして独り変ずる者なり。其の君を以てすれば是れ周の子孫なり。子孫既に変ず。故に先祖の楽も亦た之が為にして変ずるなり。又た既に五代の音存すれども民を化する能わざる者なり。既に悪王に随わずして変ず。寧ぞ悪王の御する所と為さんや。既に御する所と為らず、故に存すと雖も民を化せざるなり」(此孔子説所以忘味之由也。圖、猶謀慮也。爲、猶作奏也。樂、韶樂也。斯、此也。此指齊也。孔子言、實不意慮奏作聖王之韶樂、而來至此齊侯之國也。或問曰、樂隨人君而變。若人君心善、則樂善。心淫則樂淫。今齊君無道、而韶音那獨不變而猶盛耶。且若其音猶盛、則齊民宜從樂化。而齊民猶惡不隨樂化、何也。侃答曰、夫樂隨人君而變者。唯在時王之樂耳。何者如周王遍奏六代之樂。當周公成康之日、則六代之聲悉善。亦悉以化民。若幽厲、傷周天下大壞、則唯周樂自隨時君而變壞、其民亦隨時君而惡。所餘殷夏以上、五聖之樂則不隨時變。故韶樂在齊。而音猶盛美者也。何以然哉。是聖王之樂故不隨惡君變也。而周武亦善而獨變者。以其君是周之子孫。子孫既變。故先祖之樂亦爲之而變也。又既五代音存而不能化民者。既不隨惡王而變。寧爲惡王所御乎。既不爲所御、故雖存而不化民也)とある。また『注疏』に「むるの甚だしきなり」(美之甚也)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「おもわざりき、舜の楽を作ること此の如きの美に至らんとはと曰えるは、則ち以て其の情文の備を極むること有りて、覚えずして其の歎息することの深きなり。蓋し聖人に非ざれば以て此に及ぶに足らず」(曰、不意舜之作樂至於如此之美、則有以極其情文之備、而不覺其歎息之深也。蓋非聖人不足以及此)とある。
  • 『集注』に引く范祖禹の注に「韶は美を尽くし、又た善を尽くし、楽の以て此に加うること無きなり。故に之を学ぶこと三月、肉の味を知らずして、之を歎美すること此の如し。誠の至り、感の深きなり」(韶盡美、又盡善、樂之無以加此也。故學之三月、不知肉味、而歎美之如此。誠之至、感之深也)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「唯だ夫子聖人にまみゆることを願うの心、ただえの食に於けるが如きのみならず。故に其の楽を聞くに及びては、心酔い神よろこび、三月の久しき、自ら其の味を知らざるに至る。此れ聖人たる所以なり。夫れ肉を食らうにあたりては、則ち食主たり、而して韶を聞くの心、余念未だ化せず、其の味を知らず。若し正心の説を以て之を律するときは、則ち心正しからずと為ることを免れざるなり。先儒其の此の章と相もとるを嫌い、せんしゅう牽合して、一に会せんと欲す。然れども彼此扞格かんかくして、其の終に相入らざることを奈何ともすること無し。予故に謂う、大学は蓋し斉・魯の諸儒の撰する所にして、孔門の旨と異なり」(唯夫子願見聖人之心、不啻如饑之於食。故及聞其樂、心醉神怡、至三月之久、不自知其味。此所以爲聖人也。夫方食肉、則食爲主、而聞韶之心、餘念未化、不知其味。若以正心説律之、則不免爲心不正也。先儒嫌其與此章相盭、遷就牽合、欲會于一。然彼此扞格、無奈其終不相入何。予故謂、大學蓋齊魯諸儒所撰、而與孔門之旨異矣)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「韶を聞くとは韶を学ぶなり。朱註に史記を引き、三月の上に之を学ぶの二字有りと、と為す。……聞けばすなわち之を得たり。楽に深き者は皆しかり。何ぞ必ずしも小子が楽を学ぶ者の譜を受くるが如く然らんや。故に聞は即ち学ぶなり。……升庵曰く、おもわざりき斉の楽を為すことここに至らんとはと。今の説の如くんば、則ち孔子の舜を視ること、劣にして之を小とすること甚だしと、是と為す。朱子曰く、情文の備わることを極むと。是れ何ぞ能く楽を尽くさんや。楽記に曰く、以て徳を観る可し、と。孔子は此れを以て舜の徳を観る、故に之を嘆ずるのみ。聖人の楽に深きに非ざれば、いずくんぞ能く然らんや。朱子は楽を為すを以て楽を作るとす、故にこれを舜に属す。然れども楽を為すと楽を作るとは殊なれり。故に升庵を是とす。仁斎先生は……だ三月を下句に属し、ひとたび聞いて三月味わいを忘るとは、豈に是の理有らんや」(聞韶者學韶也。朱註引史記、三月上有學之二字、爲是。……聞輒得之。深於樂者皆爾。何必如小子學樂者受譜然乎。故聞即學也。……升庵曰、不意齊之爲樂至此耳。如今之説、則孔子之視舜、劣而小之甚矣、爲是。朱子曰、極情文之備。是何能盡乎樂。樂記曰、可以觀德矣。孔子以此觀舜德、故嘆之耳。非聖人之深於樂、安能然乎。朱子以爲樂爲作樂、故屬諸舜。然爲樂與作樂殊矣。故升庵爲是。仁齋先生……秖三月屬下句、一聞而三月忘味、豈有是理乎)とある。升庵は、楊慎(1488~1559)の号。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十