>   論語   >   雍也第六   >   8

雍也第六 8 伯牛有疾章

127(06-08)
伯牛有疾。子問之。自牖執其手、曰、亡之。命矣夫、斯人也而有斯疾也、斯人也而有斯疾也。
はくぎゅうやまいり。これう。まどよりりて、いわく、これからん。めいなるかな、ひとにしてやまいるや、ひとにしてやまいるや。
現代語訳
  • 伯牛がライ病なので、先生は見舞いにゆかれ、窓からかれの手をとって ―― 「おわかれだ。運命だなあ…。こういう人でも、こんな病気になるのか…。こういう人でも、こんな病気になるのか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ぜんはくぎゅうの病気がわるいというので、孔子様が見舞いに行かれ、窓越しにその手を取ってなげかれるよう、「このしい人を亡くすことか、ああ天命なるかな。こういう人にこういう病気があろうとは。こういう人にこういう病気があろうとは。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • はくぎゅうらいを病んで危篤におちいった。先師は彼をその家に見舞われ、窓から彼の手をとって永訣された。そしてなげいていわれた。
    「惜しい人がなくなる。これも天命だろう。それにしても、この人にこの業病ごうびょうがあろうとは。この人にこの業病があろうとは」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 伯牛 … 前544~?。姓はぜん。名は耕。あざなは伯牛。孔門十哲のひとり。魯の人。徳行とっこうにすぐれていた。冉牛とも。ウィキペディア【冉伯牛】参照。
  • 有疾 … 不治の病にかかった。『集注』に「やまい有りは、先儒以てらいと為す」(有疾、先儒以爲癩也)とある。当時は不治の病といわれたハンセン病を指す。
  • 問 … ここでは見舞う。
  • 牖 … 窓。明かり取りの窓。
  • 亡之 … 孔安国の注に「亡は、喪なり。やまいはなはだし、故に其の手を持していわく、之をうしなわん」(亡、喪也。疾甚、故持其手曰喪之)とある。これによると、「亡」は「もうだめだ」「もはや命はないだろう」などの意味になるが、危篤状態の病人に面と向かって言った言葉とは考えられない。
  • 命 … 天命、運命。
  • 矣夫 … 「(なる)かな」と読み、「~だなあ」「~であることよ」と訳す。詠嘆・感嘆の意を示す。「矣」「矣哉」「矣乎」も同じ。
  • 斯人 … こんなよい人。このような徳行のある人。
  • 斯疾 … このような病気にかかろうとは。
補説
  • 冉伯牛 … 『孔子家語』七十二弟子解に「冉耕はひと、字は伯牛。徳行を以て名を著す。悪疾有り。孔子曰く、命なるかな、と」(冉耕魯人、字伯牛。以德行著名。有惡疾。孔子曰、命也夫)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「冉耕、字は伯牛。孔子、以て徳行有りと為す。伯牛、悪疾有り。孔子往きて之を問う。まどより其の手を執りて曰く、命なるかな、斯の人にして斯のやまい有るや、命なるかな、と」(冉耕字伯牛。孔子以爲有德行。伯牛有惡疾。孔子往問之。自牖執其手曰、命也夫、斯人也而有斯疾、命也夫)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 伯牛有疾 … 『集解』に引く馬融の注に「伯牛は、弟子、冉耕なり」(伯牛、弟子、冉耕也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「伯牛は弟子、冉耕は字なり。魯人、疾い有る時、其れ悪疾有るなり」(伯牛弟子冉耕字也。魯人、有疾時其有惡疾也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「伯牛は、孔子の弟子、姓は冉、名は耕。疾い有りは、先儒以て癩と為すなり」(伯牛、孔子弟子、姓冉、名耕。有疾、先儒以爲癩也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 自牖執其手 … 『集解』に引く包咸の注に「牛、悪疾有りて、人を見るを欲せず。故に孔子牖り其の手を執るなり」(牛有惡疾、不欲見人。故孔子從牖執其手也)とある。また『義疏』に「ゆうは、南窓なり。君子疾い有り、北壁の下にね、東首す。今、師来たる。故に遷りて南窓の下に出ず。亦た東首す。師をして戸り入らしむ。床の北に於いて、南に面するを得るなり。孔子其の悪疾を恐れ、人を見るを欲せず。故に戸より入らずして、但だ窓の上に於いて其の手を執るなり」(牖、南窓也。君子有疾、寐於北壁下東首。今師來。故遷出南窓下。亦東首。令師從戸入。於床北、得面南也。孔子恐其惡疾、不欲見人。故不入戸、但於窓上而執其手也)とある。また『集注』に「牖は、南牖なり。礼に、病者は北牖の下に居る。君之を視れば、則ち南牖の下に遷り、君をして以て南面して己を視るを得さしむ。時に伯牛の家此の礼を以て孔子を尊ず。孔子敢えて当たらず。故に其の室に入らずして、牖より其の手を執る。蓋し之と永訣するなり」(牖、南牖也。禮、病者居北牖下。君視之、則遷於南牖下、使君得以南面視己。時伯牛家以此禮尊孔子。孔子不敢當。故不入其室、而自牖執其手。蓋與之永訣也)とある。
  • 亡之 … 『集解』に引く孔安国の注に「亡は、喪なり。疾い甚だしく、故に其の手を持して曰く、之をうしなわん、と」(亡、喪也。疾甚、故持其手曰、喪之也)とある。また『義疏』に「亡は、喪なり。孔子其の手を執りて曰く、之を喪わん、と。牛必ず死するを言うなり」(亡、喪也。孔子執其手而曰、喪之。言牛必死也)とある。
  • 命矣夫、斯人也而有斯疾也、斯人也而有斯疾也 … 『集解』に引く包咸の注に「之を再言するは、之を痛惜すること甚だしければなり」(再言之者、痛惜之甚也)とある。また『義疏』に「斯は、此なり。言うこころは此の善人有りて、此の悪疾にかかる。疾いと人と反す。故に之を歎ずるなり。再び之を言えるは、痛歎の深きなり」(斯、此也。言有此善人、而嬰此惡疾。疾與人反。故歎之也。再言之者痛歎之深也)とある。また『集注』に「命は、天命を謂う。言うこころは此の人応に此の疾い有るべからずして、今乃ち之れ有り。是れ乃ち天の命ずる所なり。然らば則ち其の疾いを謹むこと能わずして、以て之を致すこと有るに非ざることも、亦た見る可し」(命、謂天命。言此人不應有此疾、而今乃有之。是乃天之所命也。然則非其不能謹疾、而有以致之、亦可見矣)とある。また『史記』仲尼弟子列伝では「命也夫、斯人也而有斯疾、命也夫」に作る。
  • 『集注』に引く侯仲良の注に「伯牛徳行を以て称せされ、顔・閔にぐ。故に其の将に死せんとするや、孔子尤も之を痛惜せり」(伯牛以德行稱、亞於顏閔。故其將死也、孔子尤痛惜之)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ孔子伯牛の死を惜しみて言う。伯牛の賢、応に此の疾い有るべからずして、今は乃ち之有り。是れ其の疾いを謹むこと能わずして、以て之を致すこと有るに非ず。実に天の命ずる所にして、賢者と雖も、亦た免れざる所なり。則ち知る、彼の其の道を尽さずして死する者は、皆命と言う可からざることを」(此孔子惜伯牛之死而言。伯牛之賢、不應有此疾、而今乃有之。是非其不能謹疾、而有以致之。實天之所命、而雖賢者、亦所不免也。則知彼不盡其道而死者、皆不可言命也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「まどより其の手を執るは、包咸曰く、牛悪疾有って、人を見ることを欲せず、故に孔子牖り其の手を執るなり、と。理或いは然らん。然れども朱子の礼を以て断ずるの極めてかくなるに如かざるなり。之をぼうせんは、人多く亡を以て死するの義と為すは、非なり。死と亡と異なり。……蓋し亡を喪と訓ずるは、亡人ぼうじんの亡の如きなり。死喪の義に非ず。冉子悪疾有り、復た世に用う可からず、之を失うが如く然り、故に孔子云爾しかいう」(自牖執其手、包咸曰、牛有惡疾、不欲見人、故孔子從牖執其手也。理或然矣。然不如朱子以禮斷之極確也。亡之、人多以亡爲死之義、非也。死與亡異。……蓋亡訓喪、如亡人之亡也。非死喪之義矣。冉子有惡疾、不可復用於世、如失之然、故孔子云爾)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十