>   論語   >   里仁第四   >   7

里仁第四 7 子曰人之過也章

073(04-07)
子曰。人之過也。各於其黨。觀過斯知仁矣。
いわく、ひとあやまちや、各〻おのおのとうおいてす。あやまちをここじんる。
現代語訳
  • 先生 ――「人のあやまちは、その人がらによる。あやまちを見れば、それで人がわかる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「人がらしだいで過失にも種類がある。だから、過失を見ただけでも、その人の仁、不仁がわかるものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 過 … 過失。
  • 也 … 「や」と読み、上の語を強調する意を示す。
  • 於 … 「おいてす」と動詞に読む。
  • 党 … たぐい。同類。荻生徂徠は「党は郷党なり」といっている(論語徴)。
  • 観過 … 過失を観察する。
  • 斯 … 「ここに」と読むが「すなわち」と同じ意。
余説
  • 人 … 『義疏』では「民」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十