>   論語   >   八佾第三   >   11

八佾第三 11

051(03-11)
或問禘之説。子曰、不知也。知其説者之於天下也、其如示諸斯乎。指其掌。
あるひとていせつう。いわく、らざるなり。せつものてんけるや、これここしめすがごときか、と。たなごころせり。
現代語訳
  • だれかが大祭のわけをきく。先生 ――「知らんです。それがわかっとれば世のなかのあつかいかたも、ここにのせたようでしょうな。」と手のひらをさした。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ある人が禘の祭の意義をおたずねした。孔子様は、「わしは知らん。もし禘の意義を知る者が天下を治めたならば、そのよく治まることは、ここにのせて目に見るように確かなことじゃ。」と答えて、右の手の指で左の手の平をさされた。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • ある人がていの祭のことを先師にたずねた。すると先師は、自分の手のひらを指でさしながら、こたえられた。――
    「私は知らない。もし禘の祭のことがほんとうにわかっている人が天下を治めたら、その治績のたしかなことは、この手のひらにのせて見るより、明らかなことだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 或 … 「あるひと」と読む。ある人。
  • 禘 … 天子が郊外で上帝(天の神)を祭り、合わせて先祖も祭る大祭。
  • 説 … 意義。意味などの説明。
  • 示 … 視せる。「視」に同じ。
  • 斯 … たなごころを指す。
  • 指其掌 … 手のひらを指さす。ここから「しょう」(たなごころを指す。物事の容易なことの喩え)という成語の出典となった。
補説
  • 或問禘之説。子曰、不知也 … 『集解』に引く孔安国の注に「答うるに知らざるを以てするは、魯君の為に諱むなり」(荅以不知者、爲魯君諱也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「孔子或人に答えて云う、禘礼の旧説を知らざるなり、と。然る所以の者は、若し旧説に依りて之に答うれば、則ち魯礼にそむくの事顕らかなり。若し魯に依りて之を説けば、則ち又た正教に乖かん。既に魯の為にむ。故に知らずと云うなり。臣は国の為に悪を諱むは、則ち是れ礼なり」(孔子荅或人云、不知禘禮舊說也。所以然者、若依舊說而荅之、則魯乖禮之事顯。若依魯而說之、則又乖正教。既爲魯諱。故云不知也。臣爲國諱惡、則是禮也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「先王の本に報じ遠きを追うの意、禘より深きは莫し。仁孝誠敬の至りに非ざれば、以て此にあずかるに足らず、或人の及ぶ所に非ざるなり。而して王たらざれば禘せずの法は、又た魯の当に諱むべき所の者なり。故に知らざるを以て之に答う」(先王報本追遠之意、莫深於禘。非仁孝誠敬之至、不足以與此、非或人之所及也。而不王不禘之法、又魯之所當諱者。故以不知答之)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 知其説者之於天下也、其如示諸斯乎 … 『集解』に引く包咸の注に「孔子或人に謂いて言う、禘礼の説を知る者は、天下の事に於けるも、指示するに掌中の物を以てするが如し、と。其のさとり易きを言うなり」(孔子謂或人言、知禘禮之說者、於天下之事、指示以掌中之物。言其易了也)とある。また『義疏』に「孔子国の為に諱みて、答うるに知らざるを以てす。遂に更には説かざれば、則ち千載の後、長く禘礼は聖の知らざる所と為ると言い、此の事永絶す。故に更に或人に向かいて其の方便を陳ぶるなり。言うこころは若し禘の説を知らんと欲せば、其れ自ら難からず。天下の人に於いて知らざること莫きなり。人人皆知ること、示すに掌中の物を以てするが如し。知らず了る者無きなり。故に之を云う、天下に於けるや、其れこれここに示すが如きか、と」(孔子爲國諱而荅以不知。遂更不說、則千載之後、長言禘禮爲聖所不知、此事永絕。故更向或人陳其方便也。言若欲知禘說、其自不難。於天下之人莫不知矣。人人皆知、如示以掌中之物。無不知了者也。故云之、於天下也其如示諸斯也)とある。また『集注』に「示は、視と同じ」(示、與視同)とある。
  • 指其掌 … 『義疏』に「此れ記者の言う所、以て孔子の語を釈するなり。孔子既に云う、知り易くして掌をばす。又た一手を以て自ら指し申ばす所の掌、以て或人に示して云う、其れこれを此に示すが如きなり、と。是れ孔子自ら其の掌を指すなり」(此記者所言、以釋孔子語也。孔子既云、易知而申掌。又以一手自指所申之掌、以示或人云、其如示諸此也。是孔子自指其掌也)とある。また『集注』に「其の掌を指すは、弟子、夫子の此を言いて自ら其の掌を指すを記す。其の明にして且つ易きを言うなり。蓋し禘の説を知れば、則ち理明らかならざる無く、誠いたらざること無くして、天下を治むること難からず。聖人此に於いて、豈に真に知らざる所有らんや」(指其掌、弟子記夫子言此而自指其掌。言其明且易也。蓋知禘之說、則理無不明、誠無不格、而治天下不難矣。聖人於此、豈真有所不知也哉)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「蓋し天下を治むるの本は、感応のまことに在りて、政刑智数を以て之を致し難し。故に徳の至り、誠の極まれるに非ざれば、則ち知るに禘の説をあずかり足らずして、天下を治むるに於いて、亦た私意妄作を以て、其の自ら治むるを幸いとすることを免れず」(蓋治天下之本、在感應之孚、而難以政刑智數致之。故非德之至、誠之極、則不足與知禘之説、而於治天下、亦不免以私意妄作、幸其自治)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「後世恵公郊廟を請うに及んで、遂に群公を祀るに皆天子の礼楽を用う。……天を郊祀するにこうしょくを配して周公を祀らず。天と后稷とは、魯の祀るを得る所に非ざれば、則ち恵公の請いにはじまることあきらかなり。後世の禘は、又た伯禽の時の禘に非ず。故に礼に非ずと曰う。……禘の説、朱子は仁孝誠敬の至りを以て之を言う。仁斎先生曰く、天下を治むるの本は、感応のまことに在り、と。是れ一端のみ。夫れ禘礼は伝えず。故に後世自ら其の説を知ると言う者は皆妄なり。大氐たいてい古聖人の道は、天道を奉じて以て之を行う。祖宗を尊んでこれを天に合し、礼楽刑政、皆其の命を受く。是れ其の大端なり。諸儒争って其の議論を高うすることを務め、而して其の大端をわする。我が取らざる所なり」(及後世惠公請郊廟、遂祀羣公皆用天子禮樂。……郊祀天配后稷而不祀周公。天與后稷、非魯所得祀、則昉乎惠公之請者審矣。後世之禘、又非伯禽時之禘。故曰非禮。……禘之説、朱子以仁孝誠敬之至言之。仁齋先生曰、治天下之本、在感應之孚。是一端耳。夫禘禮弗傳。故後世自言知其説者皆妄矣。大氐古聖人之道、奉天道以行之。尊祖宗合諸天、禮樂刑政、皆受其命。是其大端也。諸儒爭務高其議論、而遺其大端。我所不取也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十