>   論語   >   為政第二   >   21

為政第二 21 或謂孔子章

037(02-21)
或謂孔子曰、子奚不爲政。子曰、書云、孝乎惟孝、友于兄弟、施於有政。是亦爲政。奚其爲爲政。
あるひとこういていわく、なんまつりごとさざる。いわく、しょう、こうなるかなこう兄弟けいていゆうに、有政ゆうせいほどこすと。れもまつりごとすなり。なんまつりごとすことをさん。
現代語訳
  • だれかが孔先生にいった、「なぜ政治をなさらないんです…。」先生 ――「歴史の本にある、『孝行いちずに、兄弟なかよく、家庭もおさまる。』あれも政治です。なにもことさら政治をせずとも…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ある人が「先生はなぜ政治をなさらないのですか。」とおたずねした。孔子様がおっしゃるよう、「『書経』に『父母に孝に兄弟けいていに友に、それが政治に移り及ぶ。』という意味の言葉がある。すなわち家をととのえることもまた政治なのであって、自分はその方に力を入れているのだ。それ以上必ずしもいわゆる政治をする必要はないではないか。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • ある人が先師にたずねていった。――
    「先生はなぜ政治におたずさわりになりませんか」
    先師はこたえられた。――
    「書経に、孝についてこのようにいってある。『親に孝行であり、兄弟に親密であり、それがおのずから政治に及んでいる』と。これで見ると、家庭生活を美しくするのもまた政治だ。しいて国政の衝にあたる必要もあるまい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 或 … 「あるひと」と読む。
  • 奚 … 「何」に同じ。なぜ。どうして。
  • 為政 … 政治に携わる。
  • 書 … 『書経』。『尚書』ともいう。ウィキペディア【書経】参照。
  • 友于兄弟 … 兄弟の仲がよい。
  • 施 … 移し及ぼす。
  • 有政 … 政治。有は、助辞。
補説
  • 或 … 『義疏』に「或ひととは、或いは一人有りて其の姓名を記さざるなり」(或者、或有一人不記其姓名也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 子奚不為政 … 『集解』に引く包咸の注に「或る人以為おもえらく、位に居るは乃ち是れ政を為すなり」(或人以爲、居位乃是爲政也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「奚は、何なり。政は、官に居て南面するを謂うなり。或る人孔子の栖遑せいこうを見る。故に孔子に問いて曰く、何ぞ政を為す官位に処らざるか」(奚、何也。政、謂居官南面也。或人見孔子栖遑。故問孔子曰、何不爲政處官位乎)とある。栖遑は、落ち着かず忙しいさま。また『集注』に「定公の初年、孔子仕えず。故に或る人其の政を為さざるを疑うなり」(定公初年、孔子不仕。故或人疑其不爲政也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 書 … 『書経』君陳篇に「こうならば、兄弟けいていゆうに、有政ゆうせいほどこす」(惟孝、友于兄弟、克施有政)とあるのは、この章の文を使ったもの。ウィキソース「尚書/君陳」参照。君陳篇は、晋代に成立した偽古文尚書である。
  • 書云、孝乎惟孝、友于兄弟、施於有政 … 『集解』に引く包咸の注に「孝なるかな惟れ孝は、孝をむるの辞なり。兄弟に友には、兄弟に善くす。施は、行なり。行う所政道有るは、即ち是れ政を為すと同じきなり」(孝于惟孝、美孝之辭也。友于兄弟、善於兄弟。施、行也。所行有政道、即是與爲政同也)とある。また『義疏』に「此れ以上は尚書の言を並ぶるなり。書を引きて以て或る人に答うるなり。然れども此の語、亦た尚書と微異あるも義は一なる可し。父母に善くするを孝と曰い、兄弟に善くするを友と為す。于は、於なり。惟れ孝は、惟だ孝を尽くさしむるを謂うなり。施は、行うなり」(此以上竝尚書言也。引書以答或人也。然此語、亦與尚書微異而義可一也。善父母曰孝、善兄弟爲友。于、於也。惟孝、謂惟令盡於孝也。施行也)とある。また『集注』に「書は、周書の君陳篇。書に孝を云えるかとは、書の孝を言えること此の如きを言うなり。兄弟に善きを友と曰う」(書、周書君陳篇。書云孝乎者、言書之言孝如此也。善兄弟曰友)とある。
  • 孝乎惟孝 … 『義疏』では「孝于惟孝」に作る。
  • 是亦為政。奚其為為政 … 『集注』に「書に言う、君陳能く親に孝なれば、兄弟に友にして、又た能く此の心を推し広め、以て一家の政を為す、と。孔子之を引きて、此の如くなれば則ち是れも亦た政を為すなり、何ぞ必ずしも位に居るを乃ち政を為すと為さんやと言う。蓋し孔子の仕えざるは、以て或る人に語り難き者有り。故に此に託し以て之を告ぐ。之を要するに至理も亦た是に外ならず」(書言君陳能孝於親、友於兄弟、又能推廣此心、以爲一家之政。孔子引之、言如此則是亦爲政矣、何必居位乃爲爲政乎。蓋孔子之不仕、有難以語或人者。故託此以告之。要之至理亦不外是)とある。
  • 是亦為政 … 『義疏』では「是亦為政也」に作る。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「書の文、今の古文尚書君陳の篇に見るも、孝乎の二字無し。当に此を以て正と為すべし。孝なるかな惟れ孝とは、孝をむるの辞なり。言うこころは善く父母に事うる者は、必ず兄弟に友にして、施して有政に及ぶ。孔子之を引いて言う、此の如くなれば則ち是れも亦た政を為すなり。何ぞ必ずしも位に居ることを以て、政を為すと為さん」(書文、今見古文尚書君陳篇、而無孝乎二字。當以此爲正。孝乎惟孝者、美孝之辭。言善事父母者、必友于兄弟、而施及於有政。孔子引之言、如此則是亦爲政矣。何必以居位、爲爲政乎)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「此の章の如きは、則ち孔子の大夫たる時の事なり。……孔子は大夫たるに、柄を其の官にらず、故に或る人疑って之を問うのみ。旧説の如くんば、或る人仕えざるを謂って政を為さずと為す。情ならざるの甚だしきなり。且つなんぞ其れ政をるとん、為の字をじょうようし、極めて未だおんならずと為す」(如此章、則孔子爲大夫時事也。……孔子爲大夫、不秉柄於其官、故或人疑而問之耳。如舊説、或人謂不仕爲不爲政。不情之甚矣。且奚其爲爲政、疊用爲字、極爲未穩)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十