>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   秋興四首 其二(杜甫)

秋興四首 其二(杜甫)

秋興四首 其二秋興しゅうきょう四首 其二)
杜甫とほ     
  • 七言律詩。暉・微・飛・違・肥(平声微韻)。
  • 秋興四首 其二 … 『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「秋興三首 其三」に作る。それ以外の諸本では「秋興八首 其三」に作る。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
千家山郭靜朝暉
千家せんか山郭さんかく 朝暉ちょうきしずかなり
日日江樓坐翠微
日日にちにち 江楼こうろう 翠微すいび
  • 日日 … 『杜陵詩史』、『草堂詩箋』(『古逸叢書』所収)、『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)には「一作一日」との注あり。『杜詩詳注』には「呂東莱選本作百處」との注あり。『杜工部詩集』(『杜詩又叢』所収)には「一作日處」との注あり。『全唐詩』では「一日」に作り、「一作百處。一作日日」との注あり。『九家集注杜詩』(『杜詩引得』所収)では「百日」に作り、「一作百日」との注あり。『杜工部集』(学生書局)、『錢注杜詩』では「一日」に作り、「一作百處」との注あり。
信宿漁人還泛泛
信宿しんしゅく漁人ぎょじん 泛泛はんはん
  • 泛泛 … 『九家集注杜詩』、『草堂詩箋』(『古逸叢書』所収)、『杜詩詳注』、『全唐詩』、『唐詩品彙』、『錢注杜詩』、『杜工部集』(学生書局)、『杜陵詩史』、『杜工部詩集』(『杜詩又叢』所収)、『讀杜心解』、『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「汎汎」に作る。
清秋燕子故飛飛
清秋せいしゅう燕子えんし ことさら飛飛ひひ
匡衡抗功名薄
匡衡きょうこう げて功名こうめいうす
  • 疏 … 『唐詩品彙』、『(刻)杜少陵先生詩分類集註』(『和刻本漢詩集成 唐詩4』所収)、『草堂詩箋』(『古逸叢書』所収)、『杜工部集』(学生書局)、『杜陵詩史』、『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「䟽」に作る。
劉向傳經心事違
劉向りゅうきょう けいつたえて心事しんじたが
同學少年多不賤
同学どうがく少年しょうねん おおいやしからず
五陵馬自輕肥
五陵ごりょう衣馬いば おのずから軽肥けいひ
  • 衣 … 『唱經堂杜詩解』では「裘」に作る。
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句