>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   秋興四首 其四(杜甫)

秋興四首 其四(杜甫)

秋興四首 其四秋興しゅうきょう四首 其四)
杜甫とほ     
  • 七言律詩。功・中・風・紅・翁(平声東韻)。
  • 秋興四首 其四 … 『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「秋興五首 其四」に作る。『唐詩品彙』では「秋興八首 其六」に作る。それ以外の諸本では「秋興八首 其七」に作る。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
昆明池水漢時功
昆明こんめい池水ちすい 漢時かんじこう
武帝旗在眼中
武帝ぶてい旌旗せいき 眼中がんちゅう
  • 旌 … 『杜工部七言律詩分類集註』(『和刻本漢詩集成 唐詩5』所収)では「栓」に作る。
織女機絲虚夜月
織女しょくじょ機糸きし夜月やげつむなしく
  • 夜月 … 『杜詩詳注』には「一作月夜」との注あり。『全唐詩』、『錢注杜詩』では「月夜」に作り、「一作夜月」との注あり。『分門集注杜工部詩』(『四部叢刊 初編集部』所収)、『九家集注杜詩』、『杜工部集』(学生書局)、『杜陵詩史』では「月夜」に作る。
石鯨鱗甲動秋風
石鯨せきげい鱗甲りんこう秋風しゅうふううご
波漂菰米沈雲黑
なみ菰米こべいただよわして沈雲ちんうんくろ
露冷蓮房墜粉紅
つゆ蓮房れんぼうひややかにして墜粉ついふんくれないなり
關塞極天惟鳥道
関塞かんさい 極天きょくてん ただ鳥道ちょうどう
江湖滿地一漁翁
江湖こうこ 満地まんち 一漁翁いちぎょおう
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句