>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   夜直(王安石)

夜直(王安石)

夜直ちょく
おう安石あんせき     
  • 〔出典〕 『臨川先生文集』巻三十一、『宋詩鈔』巻十九、他
  • 七言絶句。殘・寒・干(平声寒韻)。
  • ウィキソース「夜直」参照。
  • 夜直 … 宮中の宿直。
  • 王安石 … 1021~1086。北宋の政治家。臨川(江西省)の人。あざなかい、号は半山。慶暦二(1042)年、進士に及第。新法を実行し政治改革を推進したが、のち保守派の反対によって辞職した。唐宋八大家の一人。詩文集『臨川先生文集』百巻がある。ウィキペディア【王安石】参照。
金爐香盡漏聲殘
きん こうきて 漏声ろうせいざん
  • 金炉 … 宮中のにある美しい金属製の香炉。
  • 香尽 … 香が燃え尽きる。
  • 盡 … 『宋詩鈔』では「燼」に作る。
  • 漏声 … 水時計の水のしたたる音。「漏」は漏刻。水時計。
  • 残 … 音がかすかになる。音が残響を引きながら消えていく。
翦翦輕風陣陣寒
翦翦せんせんたる軽風けいふう 陣陣じんじんさむ
  • 翦翦 … 肌寒い風が吹く形容。「剪剪」とも書く。このように同じ漢字を重ねたものを「じゅうげん」または「じょう」という。
  • 軽風 … 微風。そよ風。
  • 陣陣 … 一陣の風ごとに。ひとしきりずつ。畳語。
春色惱人眠不得
しゅんしょく ひとなやまして ねむ
  • 春色 … 春の景色。春の気配。
  • 悩人 … 人の心を悩ませる。人を物思いにふけさせる。
  • 眠不得 … 眠ろうとしても眠れない。「不得眠」の口語的表現。
月移花影上欄干
つきけいうつして 欄干らんかんのぼらしむ
  • 花影 … 花の影。
  • 月移花影上欄干 … 月がいつしか西の空に移って行き、今まで庭にあった花の影が欄干の上に現れてきた。直訳すると「月が花の影を移らせ、欄干にのぼらせた」になる。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行