>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   雨中登岳陽楼望君山二首 其一(黄庭堅)

雨中登岳陽楼望君山二首 其一(黄庭堅)

雨中登岳陽樓望君山二首 其一
ちゅう 岳陽楼がくようろうのぼ君山くんざんのぞしゅ いち
こう庭堅ていけん
  • 〔出典〕 『豫章黄先生文集』巻十一(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。斑・關・山(平声刪韻)。
  • ウィキソース「雨中登岳陽樓望君山」参照。
  • 雨中 … 四部叢刊本では「雨去」に作る。
  • 岳陽楼 … 湖南省岳陽市の西門の楼。洞庭湖に面し、楼上からの眺めが美しいことで有名。ウィキペディア【岳陽楼】参照。
  • 君山 … 山名。湖南省岳陽市の西南、洞庭湖中にある。しょうざんとも。
  • 崇寧すうねい元(1102)年、けいしゅう沙市さし(湖北省沙市区)を出発し、故郷の分寧(江西省修水県)に帰る途中、岳陽楼に立ち寄ったときの作。作者五十八歳。
  • 黄庭堅 … 1045~1105。北宋の詩人、書家。洪州分寧(江西省修水県)の人。あざなちょく、号は山谷さんこく道人どうじん。治平四(1067)年、二十三歳で進士に及第。蘇軾の門下生で、蘇門四学士の第一といわれた。師と合わせて蘇黄と並称される。江西詩派の祖。書においては北宋四大家の一人に数えられ、特に草書に優れるとされる。また、おうりょうの禅僧晦堂かいどうしんに禅を学んだ。わが国では、蘇軾とともに五山の禅僧に愛読された。ウィキペディア【黄庭堅】参照。
投荒萬死鬢毛斑
こうとうぜられて ばん 鬢毛びんもうまだらなり
  • 荒 … 辺境の地。
  • 投 … 流される。追放される。左遷される。
  • 万死 … 何度も死ぬ思いをすること。死を覚悟すること。
  • 鬢毛 … びんの毛。左右側面の耳ぎわの毛。
  • 斑 … 白髪まじりになること。
生入瞿塘灔澦關
きてる とうえんかん
  • 生入 … 生きて抜け出すことができた。生きて通り抜けることができた。「入」は「出」に作るテキストもある。
  • 瞿塘 … 瞿塘峡。四川省奉節県の東にある。長江の三峡の一つ。船の難所。ウィキペディア【瞿塘峡】参照。
  • 灔澦関 … えんたいの難関。瞿塘峡の入り口にある大暗礁(水面の下に隠れている巨岩)。水位の増減に従って出没する。長江最大の難所。「関」は難関の意であるが、ここでは関所の意も懸けている。
未到江南先一笑
いま江南こうなんいたらざるにいっしょう
  • 江南 … ここでは作者の故郷、分寧(江西省修水県)を指す。
  • 一笑 … ちょっと笑うこと。ここでは無事に難所を通り抜けられたことに対し、笑みがこぼれたということ。
岳陽樓上對君山
岳陽楼がくようろうじょう 君山くんざんたい
  • 岳陽楼上 … 岳陽楼の上から。
  • 対 … 向かい合う。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行