>   漢詩   >   詩人別 :か行   >   寄黄幾復(黄庭堅)

寄黄幾復(黄庭堅)

寄黃幾復
こうふくす)
こう庭堅ていけん     
  • 〔出典〕 『豫章黄先生文集』巻九(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言律詩。能・燈・肱・藤(平声蒸韻)。
  • ウィキソース「寄黄幾復」参照。
  • 元豊八(1085)年、四十一歳の作。
  • 黄幾復 … 名はかい。幾復はあざな。作者と同郷で同族、少年時代からの親友。この時、幾復は広州かいけん(広東省)の知事であった。元祐三(1088)年没。
  • 寄 … ここでは、手紙を送り届ける。
  • 黄庭堅 … 1045~1105。北宋の詩人、書家。洪州分寧ふんねい(江西省修水県)の人。あざなちょく、号は山谷さんこく道人どうじん。治平四(1067)年、二十三歳で進士に及第。蘇軾の門下生で、蘇門四学士の第一といわれた。師と合わせて蘇黄と並称される。江西詩派の祖。書においては北宋四大家の一人に数えられ、特に草書に優れるとされる。また、おうりょうの禅僧晦堂かいどうしんに禅を学んだ。わが国では、蘇軾とともに五山の禅僧に愛読された。ウィキペディア【黄庭堅】参照。
我居北海君南海
われ北海ほっかいり きみ南海なんかい
  • 北海 … この詩が作られた時、黄庭堅は山東省徳平鎮の長官をしていた。渤海湾に近いためこう言ったもの。
  • 南海 … 黄幾復がいた広東省四会県は南シナ海に近いためこう言ったもの。
寄鴈傳書謝不能
かりせてしょつたえんとするも あたわざるをしゃ
  • 寄雁伝書 … 雁に託して手紙を届けようとしたが。前漢の武将蘇武そぶ(前140~前60)は匈奴に捕えられ、十九年間も北海に幽閉された。蘇武は雁の足に手紙を結んで都へ消息を知らせ、帰国することができたという故事を踏まえる。ウィキペディア【蘇武】参照。
  • 謝不能 … そこまでは行けないと断られた。「謝」は断る。
桃李春風一杯酒
とう しゅんぷう 一杯いっぱいさけ
  • 桃李 … 桃や、すももの花の下で。
  • 春風 … 春風に吹かれながら。
  • 一杯酒 … 一杯の酒を酌み交わしたものだった。
江湖夜雨十年燈
こう 夜雨やう じゅうねんともしび
  • 江湖 … かつて故郷の江西豫章で。
  • 夜雨 … 雨の夜などに。
  • 十年灯 … 君と十年勉学の灯を共にした。
持家但有四立壁
いえするも りつかべるのみ
  • 持家 … 私は何とか生計を維持しているが。
  • 四立壁 … 部屋には何もなく、周囲に壁が立っているだけという貧しい様子。『史記』司馬相如列伝に「きょだ四壁立つのみ」(家居徒四壁立)とあるのに基づく。
治病不蘄三折肱
やまいなおすに たびひじるをもとめず
  • 治病 … 病気をなおす。
  • 三折肱 … 何度も試行錯誤を繰り返して名医になれる。転じて、成功するには苦労が必要だという喩え。『春秋左氏伝』定公十三年に「斉のこうきょう曰わく、三たびひじを折りて、良医と為ることを知る」(齊高彊曰、三折肱知爲良醫)とあるのに基づく。
  • 不蘄 … 求めない。自分は苦労してまで成功したいとは望まない、の意。ここを「君(黄幾復)は優秀だから苦労しなくとも成功できる」という解釈もあるが、ここでは採らない。
想得讀書頭已白
おもたり しょんで かしらすでしろ
  • 想得 … 思うに。察するに。
  • 読書 … 読書にふけりつつ。
  • 頭已白 … もう髪の毛も白くなっているだろう。
隔溪猿哭瘴煙藤
たにへだててさるこくさん しょうえんふじ
  • 隔渓猿哭 … 谷川を隔てて、猿の啼き叫ぶ声(を聞きながら)。
  • 瘴煙 … 南方の山川から立ち込める毒気。これに当たるとマラリアなどの熱病や皮膚病にかかるという。
  • 藤 … 藤蔓ふじづるにすがって。藤蔓の間から。
歴代名詩選
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行