>   漢詩   >   歴代詩選:清   >   春日雑詩十二首 其一(袁枚)

春日雑詩十二首 其一(袁枚)

春日雜詩十二首 其一
しゅんじつざっじゅうしゅ いち
えんばい     
  • 〔出典〕 『小倉山房詩集』巻十五、他
  • 七言絶句。煙・天・巓(平声先韻)。
  • ウィキソース「小倉山房詩集/15」参照。
  • 乾隆二十四(1759)年の作。十二首連作の第一首。
  • 春日 … 春ののどかな日。または、春の日差し。
  • 雑詩 … 感じたことを自由に詠んだ詩。
  • 袁枚 … 1716~1798。清代中期の詩人。銭塘(浙江省杭州)の人。あざなは子才。号は簡斎。乾隆四(1739)年、進士に及第。翰林院庶吉士、江寧県(南京の東南)の知事などを歴任した。江寧在任中、しょうそう山に別荘を築き、随園と名づけた。三十八歳で退官し、以後随園にて文筆活動を中心として悠々自適の生活を送った。詩では性霊説(性情の自由な流露を尊重すること)を唱えた。著に『小倉山房詩集』、『随園詩話』などがある。ウィキペディア【袁枚】参照。
千枝紅雨萬重煙
せんこう ばんちょうけむり
  • 千枝 … 多くの木の枝から。
  • 紅雨 … 赤い花びらの散る形容。
  • 万重 … 幾重にも重なり、たなびいている。
  • 煙 … はるがすみ
畫出詩人得意天
えがだす じん とくてん
  • 画出 … 描き出している。
  • 得意天 … (詩人の)心情にかなった好景。(詩人の)心を満足させる春景色。
山上春雲如我懶
さんじょうしゅんうん らんごと
  • 春雲 … 春の雲。
  • 懶 … ものぐさなさま。怠ること。ここでは、惰眠を貪って物憂い気分。
日高猶宿翠微巓
たかくして 宿しゅくす すいてん
  • 日高 … 日は高く昇っているのに。
  • 猶 … 相変わらず。それでもまだ。
  • 宿 … 宿って動かない。とどまって眠ったように動かない。
  • 翠微 … 山の八合目あたり。薄緑色にかすんで見える。
  • 巓 … 山の頂上。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行