>   漢詩   >   歴代詩選:清   >   山行(施閏章)

山行(施閏章)

山行
山行さんこう
閏章じゅんしょう
  • 〔出典〕 『学余堂詩集』巻四十六(『四庫全書』所収)、他
  • 五言絶句。霞・花(平声麻韻)。
  • 山行 … 山歩き。
  • 施閏章 … 1618~1683。清初の詩人。宣城(安徽省)の人。あざなは尚白。号は愚山・蠖斎かくさい。順治六(1649)年、進士に及第。刑部主事・江西布政司参議などを経て、のち翰林院侍読となり、『明史』の編纂にたずさわった。宋琬とともに「南施北宋」と並び称された。『学余堂文集』二十八巻、『学余堂詩集』五十巻、『蠖斎詩話』二巻などがある。ウィキペディア(中文)【施閏章】参照。
野寺分晴樹
野寺やじ 晴樹せいじゅかち
  • 野寺 … 野の中にある寺。野原のある寺。
  • 晴樹 … 日の当たった木々(の中に)。
  • 分 … 「(野寺が)見分けられる。くっきりと見える」という解釈と、「(木々が)二手に分かれるように広がっている」という解釈とがある。
山亭過晩霞
山亭さんてい ばん
  • 山亭 … 山の中のあずまや。
  • 晩霞 … 夕方のかすみ。ゆうがすみ
  • 過 … たなびいている。
春深無客到
はるふかくして かくいた
  • 春深 … 春の終わり頃。春の末頃。
  • 無客到 … 訪れる人もない。
一路落松花
いち しょう
  • 一路 … ひとすじの山道。
  • 松花 … 松の花。松黄ともいう。黄色い松の花が山道に点々と落ちている様子。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行