>   論語   >   憲問第十四   >   16

憲問第十四 16 子曰晉文公譎而不正章

348(14-16)
子曰。晉文公。譎而不正。齊桓公。正而不譎。
いわく、しん文公ぶんこういつわりてただしからず。せい桓公かんこうただしくしていつわらず。
現代語訳
  • 先生 ――「晋(シン)の文(殿)さまは、かけひき屋でまっすぐでない。斉(セイ)の桓(カン)(殿)さまは、まっすぐでかけひきがない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「しん文公ぶんこうせい桓公かんこうも、共にしゃすなわち諸侯しょこう盟主めいしゅとなり、てきはらい周室をとうとんだ大功たいこうがあるが、文公はぼうりゃくを好んで正道によらず、桓公は正道を踏んで謀略を用いなかった。そこに両公の間の大きな相違がある。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    しんの文公は謀略を好んで正道によらなかった人であり、斉の桓公かんこうは正道によって謀略を用いなかった人である」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 晋文公 … 前697?~前628。春秋時代、晋の君主。在位前636~前628。五覇(斉の桓公、晋の文公、秦の穆公、宋の襄公、楚の荘公)の一人。名はちょう。ウィキペディア【文公 (晋)】参照。
  • 譎 … 謀略を用いること。権謀術数の多いこと。
  • 正 … 正道を行うこと。常道。
  • 譎而不正 … 謀略を用いて正道によらない。
  • 斉桓公 … 春秋時代、斉の君主。在位前685~前643。五覇の一人。名は小白。管仲を宰相に抜擢し、その補佐を得て斉を強国にしたウィキペディア【桓公 (斉)】参照。
  • 正而不譎 … 正道によって謀略を用いない。
補説
  • 晋文公 … 『集注』に「晋の文公、名は重耳」(晉文公、名重耳)とある。
  • 譎 … 『集注』に「譎は、詭なり」(譎、詭也)とある。劉宝楠『論語正義』には「譎は、権なり」(譎、權也)とある。
  • 譎而不正 … 『集解』に引く鄭玄の注に「けつとは、なり。天子を召して、諸侯をして之に朝せしむを謂う。仲尼曰く、臣を以て君を召すは、以ておしえとすべからず、と。故に書に曰く、天王、河陽に狩す、と。是れけつにして正しからざるなり」(譎者、詐也。謂召天子而使諸侯朝之。仲尼曰、以臣召君不可以訓。故書曰、天王狩於河陽。是譎而不正也)とある。
  • 斉桓公 … 『集注』に「斉の桓公、名は小白」(齊桓公、名小白)とある。
  • 正而不譎 … 『集解』に引く馬融の注に「楚をつに公義を以てし、苞茅ほうぼうみつぎ入れざるを責め、昭王南征して還らざるを問う。是れ正にしていつわらざるなり」(伐楚以公義、責苞茅之貢不入、問昭王南征不還。是正而不譎也)とある。
  • 『集注』に「二公は皆諸侯の盟主、夷狄をはらいて以て周室を尊ぶ者なり。其の力を以て仁を仮り、心は皆正しからずと雖も、然れども桓公の楚をつに、義にりて言を執り、どうに由らず。猶お彼は此より善と為す。文公は則ち衛をち以て楚を致して、陰謀以て勝を取る。其のいつわること甚だし。二君の他事も亦た多く此に類す。故に夫子此を言い以て其の隠を発す」(二公皆諸侯盟主、攘夷狄以尊周室者也。雖其以力假仁、心皆不正、然桓公伐楚、仗義執言、不由詭道。猶爲彼善於此。文公則伐衞以致楚、而陰謀以取勝。其譎甚矣。二君他事亦多類此。故夫子言此以發其隱)とある。
  • 荻生徂徠は「正とけつとは、兵家の辞なり。譎はと訓ずるを、と為す。鄭玄と訓ずる者は非なり」(正與譎。兵家之辭也。譎訓詭。爲是。鄭玄訓詐者非矣)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十