>   論語   >   子罕第九   >   16

子罕第九 16 子在川上章

221(09-16)
子在川上曰。逝者如斯夫。不舍晝夜。
かわほとりりていわく、ものくのごときか、ちゅうかず。
現代語訳
  • 先生は川のほとりで ―― 「時もこうして流れ去るのか。昼となく夜となく…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が川のほとりに立っていわれた。――
    「流転のすがたはこのとおりだ。昼となく夜となく流れてやまない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • この章は「川上せんじょうたん」という。
  • 川上 … 川のほとり。
  • 逝者 … 過ぎ去って、かえらないもの。「者」は人に限らず、物・事・時間など広く指す。
  • 如斯 … このようである。「如此かくのごとし」に同じ。「斯」は川の水を指す。
  • 夫 … 「か」または「かな」と読む。詠嘆の意を表す。「…だなあ」と訳す。
  • 不舎昼夜 … 昼となく夜となく。昼も夜も休まないで。
  • 舎 … 「やめず」「すてず」「とどまらず」とも読む。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十