>   論語   >   里仁第四   >   13

里仁第四 13 子曰能以禮讓爲國乎章

079(04-13)
子曰。能以禮讓爲國乎。何有。不能以禮讓爲國。如禮何。
いわく、礼譲れいじょうもっくにおさめんか、なにらん。礼譲れいじょうもっくにおさめずんば、れい如何いかんせん。
現代語訳
  • 先生 ――「折りあいよく国をおさめれば、わけはない。折りあいよくおさめられねば、儀式もムダだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「礼の道にかなった懇切さで国を治めるならば、なんの困難があろう。もし国を治めるのに、そうした懇切さを欠くなら、いったい礼制はなんのためのものか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 礼譲 … 礼儀をあつくして、へりくだった態度をとること。譲は謙遜。
  • 為 … 「治」に同じ。
  • 為国乎 … 宮崎市定は「於」の字を補い、「於為国乎」とし、「能く礼譲をもちうれば、国をおさむるに於いて何か有らん」と訓読している。「論語の中に、何かあらん、という言葉が出てくることは屢々であるが、その場合にはいつも於という字を伴っているのである」と指摘している(論語の新研究)。
  • 何有 … 何の難しいことがあろうか。
  • 如礼何 … 礼がいかに整っていても何の役にも立たない。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十