>   漢詩   >   歴代詩選:晩唐   >   商山早行(温庭筠)

商山早行(温庭筠)

商山早行しょうざん早行そうこう
おん庭筠ていいん     
  • 〔出典〕 『三体詩』、『全唐詩』巻581、他
  • 五言律詩。郷・霜・牆・塘(平声陽韻)。
  • ウィキソース「商山早行」参照。
  • 商山 … 山の名。陝西省しょうけんの東南にある。漢代の初めに、四人の隠士が乱を避けて隠れ住んだことで有名。四人ともひげや眉が皓白こうはく(真っ白)の老人であったので、「商山のこう」と呼ばれた。
  • 早行 … 早朝に旅立つこと。
  • 温庭筠 … 812~?。晩唐の詩人。太原たいげん(山西省祁県)の人。元の名はあざなけい。李商隠とともに「温李」と並称されている。『温飛卿詩集』七巻がある。ウィキペディア【温庭イン】参照。
晨起動征鐸
あしたきて 征鐸せいたくうごかす
  • 晨 … 朝早く。早朝。
  • 征鐸 … 旅の車の鈴。馬の首につけた鈴。「征」は旅行くこと。「鐸」は大きな鈴。
  • 動 … 出発の合図に鈴を鳴らすこと。あるいは鈴を鳴らしつつ車を進めることか。
客行悲故郷
客行かくこう きょうかなしむ
  • 客行 … 故郷を離れ、旅路にあること。旅する身。
  • 故郷 … 都長安を指す。
雞聲茅店月
鶏声けいせい 茅店ぼうてんつき
  • 鶏声 … 鶏の鳴き声。「雞」は鶏の異体字。
  • 茅店 … かやき屋根の宿屋。「店」は粗末な旅館。木賃宿。
人迹板橋霜
人迹じんせき ばんきょうしも
  • 人迹 … 人の足あと。人が行き来したあと。
  • 板橋 … 木の板を渡しただけの粗末な橋。通常は石橋。
槲葉落山路
槲葉こくよう さん
  • 槲葉 … かしわの葉。「槲」は、かしわ。落葉樹であるが、冬の間は枝についたままで、春の新芽が出るときに落ちる。
枳花明驛牆
枳花きか えきしょうあきらかなり
  • 枳花 … からたちの花。春に白い花が咲く。
  • 駅牆 … 駅舎の土塀。
因思杜陵夢
りておもう りょうゆめ
  • 因思 … そこでふと思い起こされる。それがきっかけとなって思い出される。
  • 杜陵 … 長安城の東南の郊外にある高台。当時有名な行楽地であった。
鳧雁滿迴塘
がん 迴塘かいとう
  • 鳧雁 … 野鴨と雁。
  • 迴塘 … 回るように湾曲した池。「塘」は池の堤。または堤に囲まれた池。曲江を指すと思われる。
  • 迴 … 『三体詩』では「回」に作る。同義。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行