>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   左遷至藍関示姪孫湘(韓愈)

左遷至藍関示姪孫湘(韓愈)

左遷至藍關示姪孫湘
せんせられて藍関らんかんいたり、姪孫てっそんしょうしめす)
かん     
  • 〔出典〕 『全唐詩』巻344、他
  • 七言律詩。天・千・年・前・邊(平声先韻)。
  • ウィキソース「左遷至藍關示姪孫湘」参照。
  • 左遷 … それまでの官位から低い官位に下げられること。元和十四(819)年、唐の憲宗は仏教を厚く信仰し、仏骨を宮中に迎えて三日間の供養をした。韓愈は「仏骨を論ずる表」(論仏骨表)を憲宗に奉って諫言した。その結果、憲宗の怒りを買い、潮州(広東省)刺史に左遷された。
  • 藍関 … 藍田関。長安の東南、藍田県(陝西省藍田県)の峡谷にある関所。
  • 姪孫 … おいの子ども。自分の兄弟姉妹の孫。「姪」は、おい。日本語の「めい」の意ではない。
  • 湘 … 韓愈の次兄韓介かんかいの孫。『全唐詩』には題下に「湘、愈姪十二郎之子、登長慶三年進士第」との注がある。
  • 韓愈 … 768~824。中唐の詩人・文章家。河陽(河南省孟州市)の人。あざな退たいしょうれい(河北省)の人と自称した。おくりなは文公。貞元八(792)年、進士に及第。唐宋八大家のひとり。柳宗元とともに古文復興につとめた。『韓昌黎集』四十巻、『外集』十巻がある。ウィキペディア【韓愈】参照。
一封朝奏九重天
一封いっぷう あしたそうす 九重きゅうちょうてん
  • 一封 … 一通の上奏文。ここでは「仏骨を論ずる表」のこと。
  • 朝奏 … あさに奉った。朝に奏上された。
  • 九重天 … 宮廷・宮殿を指す。天子の宮殿の門が九つあり、一番奥に正殿がある。また天が九重であるとされることから。
夕貶潮州路八千
ゆうべに潮州ちょうしゅうへんせらる みち八千はっせん
  • 夕貶 … 夕方には左遷された。
  • 潮州 … 今の広東省潮州市。韓愈の左遷された土地。ウィキペディア【潮州市】参照。
  • 州 … 『全唐詩』には「一作陽」との注がある。
  • 路八千 … 八千里の道のり。長安から潮州までの距離を指す。実際は五千六百二十五里(約三千キロメートル)であったという。
欲爲聖明除弊事
聖明せいめいために へいのぞかんとほっ
  • 聖明 … 聖徳明知の天子。聡明な天子。ここでは憲宗を指す。
  • 明 … 『全唐詩』では「朝」に作る。
  • 弊事 … 弊害のあること。ここでは仏舎利(仏骨)を宮中に迎えることをいう。
肯將衰朽惜殘年
えてすいきゅうもって 残年ざんねんしまんや
  • 衰朽 … 老いて衰えた身体。
  • 将 … 「以」と同じ。
  • 残年 … 老いて残り少ない寿命。
雲橫秦嶺家何在
くも秦嶺しんれいよこたわりて いえいずくにか
  • 秦嶺 … 長安の南の秦嶺山脈。またその首峰である終南山を指すこともある。
  • 家何在 … わが家がどこにあるのかわからない。
雪擁藍關馬不前
ゆき藍関らんかんようして うますすまず
  • 擁 … 雪が包み込むように関所を埋め尽くしている様子。
  • 馬不前 … 馬が前に進もうとしない。
知汝遠來應有意
る なんじとおたる まさるべし
  • 知 … 私にはわかる。
  • 汝遠来 … お前がはるばるやって来たのは。
  • 応有意 … きっと心に何か期するところがあってのことだろう。
  • 応 … 「まさに~すべし」と読み、「きっと~であろう」と訳す。再読文字。強い推量の意を示す。
好收吾骨瘴江邊
し ほねおさめよ しょうこうほとり
  • 好 … ~するがよい。
  • 収 … 拾い集める。
  • 瘴江 … 熱病の毒気立ち込める川。「瘴」は、南方の山川から生じる毒気。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行