>   漢詩   >   歴代詩選:清   >   柳枝十首 其二(銭謙益)

柳枝十首 其二(銭謙益)

柳枝十首 其二
りゅう十首じっしゅ
せん謙益けんえき
  • 〔出典〕 『牧斎初学集』巻十一(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。年・憐・眠(平声先韻)。
  • 柳枝 … 柳の枝。
  • この詩は、崇禎すうてい二(1629)年、罷免されて郷里に帰る途中、徳州(山東省徳州市)滞在中の作。柳に託して作者の心境を表現している。
  • 銭謙益 … 1582~1664。明末・清初の学者、詩人。常熟(江蘇省常熟市)の人。あざなじゅ。号は牧斎ぼくさい。万暦三十八(1610)年、進士に及第。明・清の両朝に仕えたため、のちに批判された。著に『初学集』百十巻、『有学集』五十巻がある。ウィキペディア【銭謙益】参照。
離別經春又隔年
べつしてはる またとしへだ
  • 離別 … お前(柳)と別れて。
  • 経春 … 春が過ぎ。
  • 又 … 「また」と読み、「また~」「またもや~」「さらに~」と訳す。
  • 隔年 … 年が変わって次の年になる。「一年おき」の意ではない。
搖靑漾碧有誰憐
あおゆるるがしみどりただよわすも たれってかあわれまん
  • 揺青 … 緑の葉を揺るがせる。
  • 漾碧 … 緑の色を漂わす。「漾」は漂う。漂わす。
  • 有誰憐 … 誰がいとおしんでくれるものか。
  • 憐 … 『牧斎初学集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「怜」に作る。「憐」の俗字。
春來羞共東風語
はるきたって 東風とうふうともかたるを
  • 春来 … 春になったが。
  • 東風 … 春風。
  • 共 … 「~とともに」と読み、「~といっしょに」と訳す。
  • 羞語 … 語り合うのも恥ずかしく。
背却桃花獨自眠
とうはいきゃくして ひとみずかねむ
  • 桃花 … 桃の花。官僚として華やかに活躍することの喩え。
  • 背却 … (柳も自分も)背を向けたまま。
  • 独自眠 … たった一人きりで眠っている。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行