>   漢詩   >   歴代詩選:清   >   臨清大雪(呉偉業)

臨清大雪(呉偉業)

臨淸大雪
臨清りんせい大雪たいせつ
ぎょう     
  • 〔出典〕 『梅村家藏藁』巻十九(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。安・寛・寒(平声寒韻)。
  • 臨清 … 地名。現在の山東省臨清市。ウィキペディア【臨清市】参照。
  • この詩は、順治十(1653)年、作者四十五歳の作。清の朝廷から請われて仕方なく北京へ向かう途中、臨清で大雪に遭ってしまい、そのときの心情を詠ったもの。
  • 呉偉業 … 1609~1672。明末・清初の詩人。太倉(江蘇省太倉市)の人。あざなは駿公。号は梅村。崇禎四(1631)年、進士に及第。明朝に仕えたが、明滅亡後、故郷に帰り引退。順治十(1653)年、清朝に請われて仕えた。順治十三(1656)年、母の喪のために帰郷し辞職した。清朝にも仕官したことを生涯後悔し続けた。『永和宮詞』『梅村集』などがある。ウィキペディア【呉偉業】参照。
白頭風雪上長安
白頭はくとう 風雪ふうせつ ちょうあんのぼ
  • 白頭 … しらが頭。
  • 風雪 … 吹雪。
  • 長安 … 都。実際は北京へ向かっていた。
裋褐疲驢帽帶寛
裋褐じゅかつ 疲驢ひろ 帽帯ぼうたいゆるやかなり
  • 裋褐 … 粗末な着物。「裋」は労働者が着る短い衣服。「褐」は毛織りの粗末な衣服。
  • 疲驢 … 疲れ切った驢馬。
  • 帽帯 … 帽子と帯。
  • 寛 … ゆるんでいる。
辜負故園梅樹好
辜負こふす えん梅樹ばいじゅきに
  • 辜負 … 相手の気持ちにそむく。
  • 故園 … 故郷。故郷の庭園。
  • 梅樹 … 梅の木。梅園。
  • 好 … 好ましい。梅園のよい眺めを指す。
南枝開放北枝寒
なん開放かいほうするも ほくさむ
  • 南枝 … 南の梅の枝。「南」とは故郷の江蘇省太倉市を指す。「梅園の南側」という解釈もあるが、ここでは採らない。
  • 開放 … 花が開いている。花が満開である。
  • 北枝 … 北の梅の枝。「北」とは作者が北京へ行く途中の、大雪に遭っている山東省臨清市を指す。「梅園の北側」という解釈もあるが、ここでは採らない。
  • 寒 … まだ寒く、花はつぼみである。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行