>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   江村即事(司空曙)

江村即事(司空曙)

江村即事江村こうそんそく
くうしょ     
  • 〔出典〕 『三体詩』七言絶句・虚接、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。船・眠・邊(平声先韻)。
  • 『全唐詩』巻292所収。ウィキソース「江村即事」参照。
  • 江村 … 川辺の村。川沿いの村。川のほとりの村。
  • 即事 … 目の前の情景や事柄に即して、見たままに詠じたもの。
  • 司空曙 … 740~790?。中唐の詩人・政治家。姓は司空、あざなは文明。広平(河北省広平県)の人。官は虞部ぐぶろうちゅうに至る。盧綸、銭起、耿湋、韓翃らと共に大暦たいれきじっさいの一人。『司空文明詩集』三巻がある。ウィキペディア【司空曙】参照。
罷釣歸來不繋船
りをめ かえたって ふねつながず
  • 罷釣 … 釣りをやめる。「罷」は、やめる。終わる。『全唐詩』では「釣罷」に作る。
  • 不繋船 … 船を繋ぎ止めない。船を止めずに、そのまま岸にあがる。この三字に、作者の悠々自適の心境が表れている。
江村月落正堪眠
江村こうそん つきちて まさねむるにえたり
  • 月落 … 西の空に傾く。夜明けの月ではない。
  • 正 … ちょうど。
  • 堪 … ふさわしい。よい頃おい。
縱然一夜風吹去
縦然たとい いち かぜるとも
  • 縦然 … 「たとい~とも」と読み、「たとえ~であっても」と訳す。譲歩の仮定を示す。「然」は添え字。「縦」「縦令」「縦使」も同じ。
  • 一夜 … 夜中に。夜のうちに。今晩。今夜。
  • 風吹去 … 風が船を吹き流したとしても。
只在蘆花淺水邊
蘆花ろか浅水せんすいへんらん
  • 只 … ただそれだけ。
  • 蘆花浅水 … あしの花が咲いている川の浅瀬。「蘆花」は、あしの花。秋に穂を出してうす紫の花が咲く。「浅水」は川の浅瀬。
  • 在 … 漂いつくだけである。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行