>   漢詩   >   歴代詩選:南宋   >   夏夜追涼(楊万里)

夏夜追涼(楊万里)

夏夜追涼
夏夜かやりょうう)
ようばん
  • 〔出典〕 『誠斎集』巻五(『四部叢刊 初編集部』所収)、『宋詩鈔』巻七十一(『四庫全書』所収)、他
  • 七言絶句。同・中・風(平声東韻)。
  • 追涼 … 涼気を求めること。「追」は「逐」に作るテキストもある。
  • 楊万里 … 1127~1206。南宋の詩人、学者。吉州吉水(江西省吉水県)の人。あざなは廷秀。号は誠斎。おくりなは文節。南宋四大家(陸游・范成大・楊万里・尤袤)の一人。紹興二十四(1154)年、進士に及第。同年の合格者に范成大がいる。国子博士などを歴任し、宝文閣待制を以て退官した。自由闊達な詩風で、俗語を多用した。著に『誠斎集』百三十三巻などがある。ウィキペディア【楊万里】参照。
夜熱依然午熱同
ねつ ぜんとして ねつおな
  • 夜熱 … 夜になってもまだ残っている暑さ。
  • 午熱 … 昼間の暑さ。真昼のうだるような暑さ。
開門小立月明中
もんひらいて しょうりつす 月明げつめいうち
  • 小立 … しばらく立ったままでいる。
  • 月明 … 月あかり。
竹深樹密蟲鳴處
たけふかく みつに むしところ
  • 竹深 … 竹林がこんもりと深く生い茂っている様子。
  • 樹密 … 樹木が薄暗くなるほど鬱蒼と生い茂っている様子。
時有微涼不是風
ときりょうり かぜならず
  • 時 … ときどき。時おり。
  • 微涼 … かすかな涼しさ。
  • 不是風 … 風が吹いたわけではない。
  • 是 … 「~これ…」と読み、「~は…だ」と訳す。認定の意を示す。けい(英語のbe動詞のようなもの)。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行