>   漢詩   >   歴代詩選:南宋   >   偶成(朱熹)

偶成(朱熹)

偶成偶成ぐうせい
しゅ     
  • 七言絶句。成・輕・聲(平声庚韻)。
  • 偶成 … 偶然に出来上がった詩。たまたま出来た詩。勧学の詩として有名。
  • 朱熹 … 1130~1200。南宋の儒学者。げん(江西省婺源県)の人。あざな元晦げんかい、または仲晦、号は晦庵かいあん晦翁かいおうおくりなは文公。朱子と尊称される。紹興(1148)年、十九歳で進士に及第。北宋のしゅうとん程顥ていこうていらの学説を集大成し、その学説は朱子学と呼ばれた。著書は『四書集註』『近思録』『資治通鑑綱目』『小学』など多数ある。ウィキペディア【朱熹】参照。
少年易老學難成
しょうねんやすく がくがた
  • 少年 … 若者。青年。
  • 易老 … 年をとってしまう。
  • 学 … 学問。
  • 難成 … 完成しない。成就しない。
一寸光陰不可輕
一寸いっすん光陰こういん かろんずからず
  • 一寸光陰 … ごくわずかな時間。「光陰」は時間。
  • 不可軽 … おろそかにしてはならない。
未覺池塘春草夢
いまめず とうしゅんそうゆめ
  • 未覚 … 夢心地からまだ覚めきらぬうちに。
  • 池塘 … 池のほとり。池の堤。池の土手。
  • 春草 … 春の草。若草。惟肖得巌「進学軒」(『翰林五鳳集』巻三十七)では「芳草」に作る。『大日本仏教全書145』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 池塘春草夢 … 池のほとりで若草が萌え出て、夢心地にある様子。将来をあれこれ夢想している若者の気分を喩えている。謝霊運の「池塘生春草」の句に基づく。
階前梧葉已秋聲
階前かいぜんよう すでしゅうせい
  • 階前 … 階段の前。
  • 梧葉 … 青桐あおぎりの葉。青桐は他の植物より落葉が早く、秋の到来をいち早く知らせてくれる。
  • 秋声 … 秋風の吹く音や木の葉の散る音など、秋を感じさせる物音。
余説
 近年の研究では、この詩の作者は朱熹ではなく、五山の禅僧、観中中諦(1342~1406)である可能性が最も高いと考えられている。詩題は「偶成」ではなく「進学斎」、転句が「枕上未醒芳草夢」、『青嶂集』に収録されている。朝倉ひとし氏の論文「『少年老い易く学成り難し』詩の作者は観中中諦か」(『国文学攷』185号、広島大学国語国文学会、2005年3月)で詳しく論じられている。
 また、ウィキペディア【少年老いやすく学なりがたし】も参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行