>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   於郡城送明卿之江西(李攀竜)

於郡城送明卿之江西(李攀竜)

於郡城送明卿之江西
ぐんじょういて明卿めいけい江西こうせいくをおくる)
はんりょう     
  • 〔出典〕 『滄溟集』巻十二(『四庫全書』所収)、他
  • 七言絶句。凄・迷・西(平声齊韻)。
  • ウィキソース「送明卿之江西」参照。
  • 郡城 … 郡の役所がある所。済南府(山東省済南市)を指す。
  • 明卿 … 作者の友人で後七子の一人、呉国倫のあざな。宰相の厳崇げんすうに逆らったため、南康(江西省康県)へ左遷された。
  • 江西 … 南康(江西省康県)を指す。明卿の左遷先。
  • 之 … 行く。
  • 送 … 見送る。送別。
  • 李攀竜 … 1514~1570。明の文人。歴城(山東省)の人。あざなりん。号は滄溟そうめい。嘉靖二十三(1544)年、進士に及第。陝西提学副使、河南按察使等を歴任。王世貞らとともに古文辞を唱え、李夢陽の「文は秦漢、詩は盛唐」の説を継承した。王世貞・謝榛しゃしん・宗臣・梁有誉・徐中行・呉国倫とともに「後七子」の一人。『滄溟集』三十巻がある。また、『唐詩選』の編者ともいわれている。ウィキペディア【李攀竜】参照。
靑楓颯颯雨凄凄
青楓せいふう 颯颯さっさつたり あめ 凄凄せいせいたり
  • 青楓 … 青いかえで
  • 颯颯 … 風がさっと吹く様子。
  • 凄凄 … 雨が冷たく降りしきるさま。
秋色遙看入楚迷
秋色しゅうしょく はるかにる ってまようを
  • 秋色 … 秋の気配。
  • 遥看 … 遥かに眺めても。
  • 楚 … 春秋・戦国時代の国。首都はえい(今の湖北省江陵県付近)。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。ウィキペディア【楚 (春秋)】参照。
  • 入楚迷 … 秋の気配が楚の地あたりで消えること。
誰向孤舟憐逐客
たれしゅうむかって逐客ちくかくあわれむ
  • 孤舟 … 一そうの舟。
  • 逐客 … 朝廷から追放された人。
白雲相送大江西
白雲はくうん あいおくる 大江たいこう西にし
  • 相 … 「(対象に)~する」と訳す。「たがいに~」の意ではない。
  • 大江 … 長江の別名。
  • 西 … (長江の)西まで。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行