>   論語   >   八佾第三   >   5

八佾第三 5 子曰夷狄之有君章

045(03-05)
子曰、夷狄之有君、不如諸夏之亡也。
〔集解〕 いわく、てききみるは、しょきにかず。
〔集注〕 いわく、てきすらきみり。しょきがごとくならず。
現代語訳
  • 先生 ――「文化のない王国は、文化のある亡国におよばないね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「てきといっていやしむばんこくにも、レッキとした君がある。君あって君なきにひとしき我が中華諸国のようなものではない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「夷狄の国にも君主があって秩序が立っている。現在の乱脈な中華諸国のようなものではないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 夷狄 … 未開民族。とう北狄ほくてき南蛮なんばん西せいじゅうの総称。なお、春秋時代では秦・楚・呉・越を夷狄と呼んだ。
  • 有君 … 君主がいる。明君がいる。
  • 諸夏 … 中華の諸国。「夏」は「華」に同じ。
  • 亡 … 「無」に同じ。『論語』では「亡」は目的語をとらない。
  • 不如 … 『集解』では「かず」と読み、「~に及ばない」と解釈している。『集注』では「ごとくならず」と読み、「~のようではない」と解釈している。
  • この章の解釈は、『集解』『集注』とで正反対となっている。『集解』では「未開国は(野蛮であり)、たとえ君主がいても(文化水準が低いので)、とうてい(文明国である)中国の無君主状態にも及ばない」というような解釈をしている。『集注』ではこのような『集解』の中華思想的解釈を改め、「未開国でさえ君主がいる。今の中国のような上下の分のないような無秩序状態ではない」と解釈している。
補説
  • 夷狄之有君 … 『義疏』に「此の章は中国を重んじ、蛮夷を賤しむなり。諸夏は、中国なり。亡は、無なり。言うこころは夷狄君主有りと雖も、而れども中国の君無きに及ばざるなり」(此章重中國、賤蠻夷也。諸夏、中國也。亡、無也。言夷狄雖有君主、而不及中國無君也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 不如諸夏之亡也 … 『集解』に引く包咸の注に「諸夏は、中国なり。亡は、無なり」(諸夏、中國也。亡、無也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「故に孫綽云う、諸夏時有りて君無きも、道すべては喪わず、夷狄は強者を師と為し、理禽獣に同じ、と。釈慧琳云う、君有りて礼無きは、礼有りて君無きに如かざるなり。時に季氏君有れども礼無きをそしるなり、と」(故孫綽云、諸夏有時無君、道不都喪、夷狄強者爲師、理同禽獸也。釋慧琳云、有君無禮、不如有禮無君也。刺時季氏有君無禮也)とある。
  • 亡 … 『集注』に引くよくの注に「亡は、古えの無の字、通用す」(亡、古無字、通用)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集注』に引く程頤の注に「夷狄すれ且つ君長有り。諸夏の僭乱し、反って上下の分無きが如くならず」(夷狄且有君長。不如諸夏之僭亂、反無上下之分也)とある。
  • 『集注』に引く尹焞の注に「孔子は時の乱れを傷みて之を歎ずるなり。亡は、実に亡きに非ざるなり。之れ有りと雖も、其の道を尽くす能わざるのみ」(孔子傷時之亂而歎之也。亡、非實亡也。雖有之、不能盡其道爾)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「其の春秋を作るや、諸侯夷の礼を用うれば、則ち之を夷にし、夷にして中国に進めば、則ち之を中国にす。蓋し聖人の心は、即ち天地の心、へん包涵ほうかん、容れざる所無し。其の善を善として其の悪を悪とす。何ぞ華夷の弁有らん。後の春秋を説く者、甚だ華夷の弁を厳にするは、大いに聖人の旨を失す」(其作春秋也、諸侯用夷禮、則夷之、夷而進於中國、則中國之。蓋聖人之心、即天地之心、遍覆包涵、無所不容。善其善而惡其惡。何有於華夷之辨。後之説春秋者、甚嚴華夷之辨、大失聖人之旨矣)とある。遍覆は、遍く覆う。包涵は、包み潤す。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「亡は無きなり。諸夏は諸侯の国なり。是れ聖人の礼儀を貴ぶなり。君有りと雖も而も礼儀無ければ、是れ其の禽獣を去ること遠からず。孔子の時、諸夏君有りと雖も猶お亡きがごとく之れ然り。然れども先王の沢えず、礼儀尚お存せり。故に孔子は以て之に勝れりと為す。程子の解は、如かずのに失す。従う可からず」(亡無也。諸夏諸侯之國也。是聖人之貴禮儀也。雖有君而無禮儀、是其去禽獸不遠焉。孔子之時、諸夏雖有君乎猶亡之然。然先王之澤不斬、禮儀尚存。故孔子以爲勝之矣。程子解、失於不如之詁。不可從也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十